ニュース

劇団☆新感線「いのうえ歌舞伎」新作公演に稲森いずみ、大東駿介ら

『2016年劇団☆新感線春興行 いのうえ歌舞伎≪黒≫BLACK 「乱鶯」』
ビジュアル ©2016 いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』/松竹・ヴィレッヂ・劇団☆新感線
『2016年劇団☆新感線春興行 いのうえ歌舞伎≪黒≫BLACK 「乱鶯」』 ビジュアル ©2016 いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』/松竹・ヴィレッヂ・劇団☆新感線

『2016年劇団☆新感線春興行 いのうえ歌舞伎≪黒≫BLACK 「乱鶯」』が、3月5日から東京・新橋演舞場、4月13日から大阪・梅田芸術劇場、5月8日から福岡・北九州芸術劇場で上演される。

劇団☆新感線の春公演となる同作は、神話や史実などをモチーフに、いのうえひでのりが演出を手掛ける時代劇「いのうえ歌舞伎」シリーズの最新作。仲間を皆殺しにされた盗賊の頭・鶯の十三郎を主人公に、サスペンスや大人の恋を描く「ハードボイルド本格派時代劇」だ。

出演者には、十三郎役の古田新太をはじめとする劇団☆新感線の劇団員に加え、7年前に十三郎の命を救った居酒屋の女将で、夫の亡き後は十三郎に支えられながら店を切り盛りするお加代役の稲森いずみ、十三郎の恩人の息子で盗賊を追う血気盛んな若者・小橋勝之助役の大東駿介、悪の限りを尽くす役人・北町奉行所与力の黒部源四郎役の大谷亮介らが名を連ねている。

脚本は、劇団ペンギンプルペイルパイルズの主宰を務め、同劇団の第6回公演『ワンマン・ショー』で『第48回岸田國士戯曲賞』を受賞した倉持裕が担当する。チケットの発売日などの詳細は、オフィシャルサイトをチェックしよう。

なお劇団☆新感線の秋公演の脚本は宮藤官九郎が担当する。作品の詳細は続報を待とう。

倉持裕のコメント

いのうえさんからオファーをいただいた時には「派手なことはできませんよ」と一応断りを入れさせていただきつつ、それでもよければぜひ!ということでお受けしました。かつて凄い腕を持っていた人物が年齢的に枯れて、ゼイゼイと息切れをさせながら無我夢中で斬り合う……そんな場面で古田さんがしんどそうに刀を振っている姿をイメージしながら、この老盗の物語を書き上げました。
江戸時代の設定である程度リアルに描きたかったので、貨幣価値や当時の風俗、物語の舞台となる浅草や日本橋の地理や距離感などを正確に知るために資料にあたるのがなかなか大変ではありました。でも誰かが誰かのために命を賭けるという人情を描くことに、あまり理由をつけずに説得力を持たせられるのが、こういう時代劇の良さだと思います。
最後の最後に待つ大立ち回りまでは主に会話劇になるので、演じる側もお客様もそこまで息を止めていられるかがポイントとなります。きっちりと演技ができる新感線の劇団員の方々なら、この繊細な人間ドラマ、心の機微みたいなものを丁寧に演じてくれるはず。そしてそれをいのうえさんがどう演出されるのかを僕自身もとても楽しみにしています。

いのうえひでのりのコメント

いのうえ歌舞伎をファンタジー寄りの物語ではなく、リアルに、生活感のある、いわゆる“なんちゃって”ではない本格的な時代劇でやってみたいということは以前から思っていました。ここ最近は『五右衛門vs轟天』しかり、大人の新感線の『ラストフラワーズ』しかり、とにかく笑いに重きを置く芝居が連続していたので、今回はカッコよくキメた芝居をやろう!ということですね。本格派時代劇というのはやはり自分にとってもチャレンジですので、ここは絶対的に信頼できるゲストをキャスティングさせていただきました。そしてM&Oplaysプロデュースの『鎌塚氏シリーズ』(2011年~)で純粋なエンターテインメントも書いておられる倉持くんに、今回初めて声をかけさせていただいたわけです。脚本は第1稿からとても面白かったので、自分自身も今からワクワクしています。
そして、実は劇団本公演のいのうえ歌舞伎に劇団員がここまでフルメンバーで揃うということは、この先しばらくは実現しないと思われます。その点からも今回は貴重な公演と言えますので、みなさんどうぞお見逃しなく!!

イベント情報

『2016年劇団☆新感線春興行 いのうえ歌舞伎≪黒≫BLACK 「乱鶯」』

作:倉持裕
演出:いのうえひでのり
出演:
古田新太
稲森いずみ
大東駿介
清水くるみ
橋本じゅん
高田聖子
粟根まこと
山本亨
大谷亮介
ほか

東京公演
2016年3月5日(土)~4月1日(金)全32公演
会場:東京都 新橋演舞場
料金:1等席13,000円 2等席8,500円 3A席6,500円 3B席3,500円

大阪公演
2016年4月13日(水)~4月30日(土)全20公演
会場:大阪府 梅田芸術劇場 メインホール
料金:S席13,800円 A席10,500円 B席7,500円

北九州公演
2016年5月8日(日)~5月16日(月)全10公演
会場:福岡県 北九州芸術劇場 大ホール
料金:S席13,000円 A席9,000円 ユース席3,500円 高校生(的)チケット1,500円
※ユース席は24歳以下のみ購入可能
※高校生(的)チケットは土・日曜の公演のみ鑑賞可能、劇場窓口での枚数限定販売

『2016年劇団☆新感線春興行 いのうえ歌舞伎≪黒≫BLACK 「乱鶯」』
ビジュアル ©2016 いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』/松竹・ヴィレッヂ・劇団☆新感線
『2016年劇団☆新感線春興行 いのうえ歌舞伎≪黒≫BLACK 「乱鶯」』 ビジュアル ©2016 いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』/松竹・ヴィレッヂ・劇団☆新感線
『2016年劇団☆新感線春興行 いのうえ歌舞伎≪黒≫BLACK 「乱鶯」』より古田新太 ©2016 いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』/松竹・ヴィレッヂ・劇団☆新感線
『2016年劇団☆新感線春興行 いのうえ歌舞伎≪黒≫BLACK 「乱鶯」』より古田新太 ©2016 いのうえ歌舞伎《黒》BLACK『乱鶯』/松竹・ヴィレッヂ・劇団☆新感線
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化