吉岡徳仁による新国立競技場デザイン案が公開、「泉」が巨大な聖火台に

吉岡徳仁による新国立競技場のデザイン案が公開された。

アートやデザイン、建築など幅広い領域で活動している吉岡。新国立競技場のデザイン案は、実現には至らなかったものの、デザインの楽しさと未来に向けた建築のプロジェクトを伝えるために公開された。浮遊する「泉」をイメージした屋根には水が張り巡らされており、散歩やジョギングを楽しむことができるほか、夏には冷却効果をもたらし、防災時にも活用することが可能。さらに2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは巨大な聖火台になる。

自身のオフィシャルサイトで吉岡は、デザインのコンセプトとあわせて「創造することの楽しさ、この時代に生まれてきたことへの感謝と、未来への思いからデザインをさせていただきました」とのコメントを発表。さらに建設が進められている新国立競技場については「アスリートの聖地として、日本のシンボルとなり2020年東京オリンピックのレガシーになることを願っております」と想いを綴っている。

  • HOME
  • Art,Design
  • 吉岡徳仁による新国立競技場デザイン案が公開、「泉」が巨大な聖火台に

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて