ニュース

HUSKING BEEにテッキンが復帰、岸野一&山崎聖之が脱退

HUSKING BEE
HUSKING BEE

HUSKING BEEにオリジナルメンバーの「テッキン」こと工藤哲也(Ba)が復帰。これに伴い岸野一(Ba,Cho)、山崎聖之(Dr,Cho)の脱退が発表された。

岸野と山崎は、2012年2月に再結成したHUSKING BEEに同年9月から参加。磯部正文(Vo,Gt)、平林一哉(Vo,Gt)と共に活動を続けていた。2人は4月8日に東京・渋谷のTSUTAYA O-nestで行なわれるライブをもって脱退し、HUSKING BEEはサポートドラマーを迎えて活動していく予定だ。

今回のメンバー脱退および加入について磯部は「事の発端は、活動の過程の様々な思いのなか、昨年末頃から僕が個人的に、前メンバーのBa工藤哲也と共に活動をしたい気持ちになったこと。その後の流れのなかで、僕に筋違いの過失があったことが原因の1つです」と明かしている。

岸野は「このような形での脱退は非常に無念です。約三年半の間、皆様の多くのサポートに感謝しています」、山崎は「先日磯部氏から伝えられたバンドの意向に納得する事が出来ず、私はこれ以上HUSKING BEEの力にはなれないと判断し、脱退を決意いたしました」とコメントしている。

磯部正文(Vo,Gt)のコメント

ご報告があります。

いつもHUSKING BEEを応援して頂き、誠にありがとうございます。

突然の発表となりますが、4/8のライブをもちまして、Ba岸野一、Dr山崎聖之が脱退いたします。

事の発端は、活動の過程の様々な思いのなか、昨年末頃から僕が個人的に、前メンバーのBa工藤哲也と共に活動をしたい気持ちになったこと。
その後の流れのなかで、僕に筋違いの過失があったことが原因の1つです。

2人に対しての感謝を胸に、改めるべき自分を見つめ直します。

なお、新体制としましては、Ba工藤哲也、ドラムはサポートメンバーを迎えての活動の予定です。

ご心配、ご迷惑をおかけして大変申し訳ありません。

それぞれの今後の活動を温かく見守ってください。
何卒宜しくお願い致します。

平林一哉(Vo,Gt)のコメント

まず、私の本心として、この4人での活動継続が叶わぬものとなってしまったことを、何より残念に思っております。そして、2012年以降の我々を、いつもサポートして下さったスタッフや関係者の皆さま、また、応援して下さった皆さまには、このような結果になってしまったことを、誠に申し訳なく、不甲斐なく思っております。
ハジメとダゼの2人には、メンバーとしてはもちろん、友人としても大いに助けられ、支えられ、(時に罵り合いながらも)共に人としての在り方、バンドとしての在り方を模索してきたつもりです。
この先、メンバーとしては別々の道を歩むこととなりますが、新たなかたちでまた共に音楽を鳴らせる日が来ることを、心待ちにしております。
今後は、オリジナルメンバーであるテッキンを迎え、心を新たに一歩一歩を大切に踏みしめてまいりたいと思います。 これからのハスキングビーを、また、ハジメとダゼの音楽人生を、今後とも、どうか温かくお見守りいただければ幸いに思います。

岸野一(Ba,Cho)のコメント

このような形での脱退は非常に無念です。
約三年半の間、皆様の多くのサポートに感謝しています。
ありがとうございました。

山崎聖之(Dr,Cho)のコメント

いつもHUSKING BEEをサポートしていただきありがとうございます。
先日磯部氏から伝えられたバンドの意向に納得する事が出来ず、私はこれ以上HUSKING BEEの力にはなれないと判断し、脱退を決意いたしました。
決定しておりました4月8日のライブまでは参加させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに 1

    曽我部恵一×後藤まりこ 歌も人生も、原始的な欲望に従うままに

  2. 電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目 2

    電気グルーヴから「鬼日」のお知らせが到着、今年で30年目

  3. 一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌 3

    一発撮りYouTubeチャンネル「THE FIRST TAKE」 初回はadieuこと上白石萌歌

  4. やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は? 4

    やなぎみわが後世に説く「死んだ人に聞きなさい」その真意は?

  5. 渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演 5

    渋谷PARCO屋上で『シブカル祭。』無料ライブ 佐藤千亜妃、TAMTAMら出演

  6. カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方 6

    カネコアヤノ×松本穂香 器用に生きられない二人のもがき方

  7. 『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布 7

    『石野卓球の地獄温泉』今年も開催 入場者に1ネジ配布

  8. グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開 8

    グザヴィエ・ドラン監督作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』3月に日本公開

  9. NICO Touches the Wallsが「終了」を発表 9

    NICO Touches the Wallsが「終了」を発表

  10. 京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル 10

    京極尚彦監督『映画クレヨンしんちゃん』来年4月公開 予告編&ビジュアル