遊園地再生事業団×アゴラ劇場、「子どもを産むこと」描くコラボ公演

『ワークインプログレス・子どもたちは未来のように笑う』が、3月8日から東京・駒場東大前のこまばアゴラ劇場で上演される。

宮沢章夫が主宰を務める演劇ユニット「遊園地再生事業団」と、こまばアゴラ劇場のコラボレーション企画となる同公演では、9月に予定されている本公演に向けて、創作過程を公開する「ワークインプログレス」形式が取られる。世界中で1組しかセックスをしていなかった15分間の後に妊娠し、社会情勢の変化や間近に迫る戦争に不安を覚える女の姿を通して、「いま、子どもを産むということ」を問う内容になっている。

コンセプト・構成・演出を担当するのは宮沢章夫。キャストには遊園地再生事業団や青年団の劇団員に加え、こまばアゴラ劇場と青年団による若い演劇人のための育成機関・無隣館に所属する俳優陣が名を連ねている。また公演期間中のアフタートークには平田オリザ、トミヤマユキコらが出演する。チケットは現在販売中。なお、プレイベントとして、同公演の公開稽古とトークが3月5日に行なわれる。

イベント情報

遊園地再生事業団+こまばアゴラ劇場
『ワークインプログレス・子どもたちは未来のように笑う』

2016年3月8日(火)~3月16日(水)全11公演
会場:東京都 駒場東大前 こまばアゴラ劇場
コンセプト・構成・演出:宮沢章夫
出演:
上村聡(遊園地再生事業団)
牛尾千聖(遊園地再生事業団)
松田弘子(青年団)
長野海(青年団)
鄭亜美(青年団)
黒木絵美花(青年団)
藤松祥子(青年団)
大村わたる(無隣館)
小寺悠介(無隣館)
大場みなみ
料金:予約・当日2,000円

遊園地再生事業団+こまばアゴラ劇場
『ワークインプログレス・子どもたちは未来のように笑う』プレイベント

2016年3月5日(土)17:00~
会場:東京都 駒場東大前 こまばアゴラ劇場
コンセプト・構成・演出:宮沢章夫
出演:
上村聡(遊園地再生事業団)
牛尾千聖(遊園地再生事業団)
松田弘子(青年団)
長野海(青年団)
鄭亜美(青年団)
黒木絵美花(青年団)
藤松祥子(青年団)
大村わたる(無隣館)
小寺悠介(無隣館)
大場みなみ
料金:予約・当日500円

  • HOME
  • Stage
  • 遊園地再生事業団×アゴラ劇場、「子どもを産むこと」描くコラボ公演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて