ニュース

中川翔子が舞台『ドラクエ』でアリーナ役、堀井雄二が「愛」評価

アリーナ役の中川翔子
アリーナ役の中川翔子

7月から全国5会場で開催される『ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアー』に、中川翔子が出演することが明らかになった。

中川が演じるのは、ロールプレイングゲーム『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』に登場する、最強を夢見る姫・アリーナ。中川は昨年発売されたアクションロールプレイングゲーム『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』で、アリーナの声優を務めており、その際の演技と「アリーナへの愛」が『ドラゴンクエスト』シリーズ原作者・堀井雄二に評価され、今回の起用に繋がったという。

中川はアリーナ役を演じるにあたって、「夢のような仕事で、本気で自分のこれまでの人生のすべてを賭けたい」と意気込みを明かしている。なお2月17日には、追加キャストの発表も行なわれる。

金谷かほりが演出を手掛ける『ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアー』は、ロールプレイングゲーム『ドラゴンクエストIII』の物語をベースにしたアリーナショー。アクションやアートパフォーマンス、音楽、映像といった要素を盛り込み、モンスターとの戦いや数々の呪文を表現した公演となる。

同公演は7月22日からさいたまスーパーアリーナ、8月5日からマリンメッセ福岡、8月12日から日本ガイシホール、8月18日から大阪城ホール、8月26日から横浜アリーナで開催。チケット先行予約は現在受付中だ。

中川翔子のコメント

ドラゴンクエストという世界的な素晴らしいゲームの30周年、そして日本で初めての大規模なスペクタクルショーにアリーナ姫として参加できる事を、本当に嬉しく思います。
これがどれほど尊く歴史的な出来事か、言葉にしきれない衝撃と喜びを感じています。
美しく気高いアリーナ姫を演じるには、果てしない努力が必要ですが、絶対に素晴らしいショーにしたいと思います。二段蹴りに挑戦もしたいです!

イベント情報

『ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアー』

演出:金谷かほり
ステージデザイン:レイ・ウィンクラー(Stufish Entertainment Architects)
映像ディレション:バート・クレサ
出演:
中川翔子
ほか

さいたま公演
2016年7月22日(金)~7月31日(日)全12公演
会場:埼玉県 さいたまスーパーアリーナ

福岡公演
2016年8月5日(金)~8月7日(日)全5公演
会場:福岡県 マリンメッセ福岡

名古屋公演
2016年8月12日(金)~8月14日(日)全5公演
会場:愛知県 名古屋 日本ガイシホール

大阪公演
2016年8月18日(木)~8月22日(月)全8公演
会場:大阪府 大阪城ホール

横浜公演
2016年8月26日(金)~8月31日(水)全9公演
会場:神奈川県 横浜アリーナ

料金:各公演 大人S席9,500円 大人A席7,500円 子どもS席7,500円 子どもA席5,500円

『ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアー』 ©ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved
『ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアー』 ©ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年