ニュース

中川翔子が舞台『ドラクエ』でアリーナ役、堀井雄二が「愛」評価

アリーナ役の中川翔子
アリーナ役の中川翔子

7月から全国5会場で開催される『ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアー』に、中川翔子が出演することが明らかになった。

中川が演じるのは、ロールプレイングゲーム『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』に登場する、最強を夢見る姫・アリーナ。中川は昨年発売されたアクションロールプレイングゲーム『ドラゴンクエストヒーローズ 闇竜と世界樹の城』で、アリーナの声優を務めており、その際の演技と「アリーナへの愛」が『ドラゴンクエスト』シリーズ原作者・堀井雄二に評価され、今回の起用に繋がったという。

中川はアリーナ役を演じるにあたって、「夢のような仕事で、本気で自分のこれまでの人生のすべてを賭けたい」と意気込みを明かしている。なお2月17日には、追加キャストの発表も行なわれる。

金谷かほりが演出を手掛ける『ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアー』は、ロールプレイングゲーム『ドラゴンクエストIII』の物語をベースにしたアリーナショー。アクションやアートパフォーマンス、音楽、映像といった要素を盛り込み、モンスターとの戦いや数々の呪文を表現した公演となる。

同公演は7月22日からさいたまスーパーアリーナ、8月5日からマリンメッセ福岡、8月12日から日本ガイシホール、8月18日から大阪城ホール、8月26日から横浜アリーナで開催。チケット先行予約は現在受付中だ。

中川翔子のコメント

ドラゴンクエストという世界的な素晴らしいゲームの30周年、そして日本で初めての大規模なスペクタクルショーにアリーナ姫として参加できる事を、本当に嬉しく思います。
これがどれほど尊く歴史的な出来事か、言葉にしきれない衝撃と喜びを感じています。
美しく気高いアリーナ姫を演じるには、果てしない努力が必要ですが、絶対に素晴らしいショーにしたいと思います。二段蹴りに挑戦もしたいです!

イベント情報

『ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアー』

演出:金谷かほり
ステージデザイン:レイ・ウィンクラー(Stufish Entertainment Architects)
映像ディレション:バート・クレサ
出演:
中川翔子
ほか

さいたま公演
2016年7月22日(金)~7月31日(日)全12公演
会場:埼玉県 さいたまスーパーアリーナ

福岡公演
2016年8月5日(金)~8月7日(日)全5公演
会場:福岡県 マリンメッセ福岡

名古屋公演
2016年8月12日(金)~8月14日(日)全5公演
会場:愛知県 名古屋 日本ガイシホール

大阪公演
2016年8月18日(木)~8月22日(月)全8公演
会場:大阪府 大阪城ホール

横浜公演
2016年8月26日(金)~8月31日(水)全9公演
会場:神奈川県 横浜アリーナ

料金:各公演 大人S席9,500円 大人A席7,500円 子どもS席7,500円 子どもA席5,500円

『ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアー』 ©ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved
『ドラゴンクエスト・ライブスペクタクルツアー』 ©ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved
画像を拡大する(2枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」