染谷将太、ピエール瀧らの劇中姿公開、岡田准一主演『海賊とよばれた男』

岡田准一の主演映画『海賊とよばれた男』の公開日が12月10日に決定。あわせてキャストのビジュアルが公開された。

百田尚樹の同名小説をもとにした同作は、明治、大正、昭和時代を舞台に、国内外で様々な困難に直面しながら石油事業への情熱を持ち続けた国岡鐡造の姿を描いた作品。監督を『永遠の0』『ALWAYS 三丁目の夕日』『寄生獣』などの山崎貴が務め、主演の岡田は国岡の青年期から90歳代となる老年期までを演じる。

今回公開されたのは、国岡率いる国岡商店の店員である東雲忠司役の吉岡秀隆、長谷部喜雄役の染谷将太、柏井耕一役の野間口徹、武知甲太郎役の鈴木亮平、藤本壮平役のピエール瀧、甲賀治作役の小林薫、国岡を想いながらも離ればなれになった最初の妻・ユキ役の綾瀬はるか、イランへ向かう日承丸の船長・盛田辰郎役の堤真一の劇中ビジュアル。国岡を演じる岡田のビジュアルは映画のオフィシャルサイトで確認できる。

※記事掲載時、一部表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

作品情報

『海賊とよばれた男』

2016年12月10日(土)から公開

監督・脚本:山崎貴
原作:百田尚樹『海賊とよばれた男』(講談社)
音楽:佐藤直
出演:
岡田准一
吉岡秀隆
染谷将太
野間口徹
鈴木亮平
ピエール瀧
須田邦裕
飯田基祐
矢島健一
小林隆
浅野和之
光石研
綾瀬はるか
堤真一
近藤正臣
國村隼
小林薫
配給:東宝

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 染谷将太、ピエール瀧らの劇中姿公開、岡田准一主演『海賊とよばれた男』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて