「ほぼ中学自主退学」の出雲咲乃デビュー作、JABBERLOOPとコラボ

出雲咲乃のデビューシングル『当流女』が、4月6日にヴィレッジヴァンガード下北沢店限定でリリースされる。

北九州出身のシンガーソングライター出雲咲乃。「面白いことがなかったから」という理由で中学校には数日間しか通わず、高校にも行かずに16歳の時からギターで楽曲制作をスタートした。昨年春にスターダストによるオーディション『SDRオーディション』に応募し、合格を果たした。

『当流女』には JABBERLOOPとコラボレーションしたタイトル曲など、出雲が作詞作曲を手掛けた全4曲を収録。全曲が3月23日と3月30日にBS朝日で放送されるドラマ『女優墜ち』の主題歌および挿入歌に起用されている。

今回の発表とあわせてタイトル曲“当流女”のPVが公開。監督は、SANABAGUN.のPVやドキュメンタリー映像作品、飲食店の内装など幅広い作品を手掛ける神崎峰人が務めている。

神崎峰人監督のコメント

曲を初めて聴いた時にすごく“女性”という性別を感じました。ジェンダーというかなんというか。その女性として生まれた故の自尊心を女性主観で表現した映像に仕上がりました。主題である“私以上の女等 此の世に存在しない”という強いフレーズから展開させ、誘惑してくる男性たち“欲望”に屈しない強い女性を描いています。

リリース情報

出雲咲乃
『当流女』(CD)

2016年4月6日(水)からヴィレッジヴァンガード下北沢店限定発売
価格:1,296円(税込)
ZXRC-1069

1. 当流女
2. キャット・ストリート
3. 少女の如く、女の如く。
4. 三津子の女優革命

  • HOME
  • Music
  • 「ほぼ中学自主退学」の出雲咲乃デビュー作、JABBERLOOPとコラボ

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて