ニュース

中山優馬&屋良朝幸がW主演、時空を超えた運命描く『クロスハート』

『A NEW MUSICAL クロスハート』ロゴ
『A NEW MUSICAL クロスハート』ロゴ

ミュージカル『A NEW MUSICAL クロスハート』が、12月に上演される。

『A NEW MUSICAL クロスハート』は、2007年に『CLUB SEVEN』シリーズ内で上演された30分のミュージカル『ワン・ハート』を、新たに1つの作品として書き下ろした作品。時空を超えて運命に翻弄される登場人物たちの愛と友情の物語となる。

主演を務めるのは、中山優馬と屋良朝幸。中山は同公演でミュージカルに初挑戦する。作・演出・振付を担当するのは玉野和紀。玉野は出演者にも名を連ねている。劇場や公演日程、チケット情報などは後日発表される。

中山優馬のコメント

屋良くんの「道化の瞳」を観させて頂いた時、深く感動しました。その時、自分もいつか人に感動していただけるようなミュージカルに挑戦したいと思いました。ダンスを教えてもらったり振付をしてもらっている僕の師匠、屋良くんと共演できることをとても嬉しく思っています。初ミュージカルということで今は楽しみとプレッシャーが入り混じった不思議な気分です。
大きな感動を頂いた玉野さんの作品。玉野さんと屋良くんにたくさん勉強をさせて頂きながら、そして自分自身が楽しみながらお客様の心を動かす力を持ったミュージカルにしたいと思います。
皆様と力を合わせて良い作品にします。劇場でお待ちしております!!

屋良朝幸のコメント

4年前、「道化の瞳」で初の単独主演をさせて頂いてから僕のミュージカルに対する価値観が大きく変わりました。あの時に玉野さんの熱い心に出会えなければ、今の自分は無かったのかもしれません。役者としても人生でも大先輩の玉野さんには感謝の心でいっぱいです。オリジナルに強くこだわって突き進んでこられた玉野さんの作品にまた出演させて頂ける事を本当に嬉しく思います。「クロスハート」。後輩の中山優馬とミュージカルで共演する事は初めてなので、2人でステージに立った時にどのような化学反応が起こるのかが楽しみです。毎回、観に来てくださった皆さまの心を揺さぶる作品を作り続ける玉野さんの作品。「クロスハート」もきっと沢山の愛を感じられる作品になるのではないかと。
多くのの方が劇場に足を運んでくださるのを楽しみにしてます。ご期待ください!!

玉野和紀のコメント

新作オリジナルミュージカル「クロスハート」は、二人の青年の運命が交差し現代と過去というシチュエーションで展開する悲しくも美しい、そしてハートフルな物語です。中山君とタッグを組むのは今回が初めてですが、以前屋良君が主演した「道化の瞳」という作品を観劇してくれて終演後感動して楽屋を訪ねて来てくれたことを覚えています。
中山君は今回が初のミュージカルということでこの作品を通してどう成長していくのかが、非常に楽しみです。
屋良君は「道化の瞳」で11歳の白血病の少年役を見事に演じてくれました。今回は等身大の大人の役どころですのでこちらも又、大いに期待しています。
「クロスハート」という作品を通して中山君と屋良君の色々な側面を引き出してお客様が心から楽しめる普遍的な作品にしたいと思っています。どうぞお楽しみに!

イベント情報

『A NEW MUSICAL クロスハート』

2016年12月に上演

作・演出・振付:玉野和紀
出演:
中山優馬
屋良朝幸
玉野和紀

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと