ニュース

鈴木亮平主演『HK/変態仮面』続編、パンティーが空舞う予告編&主題歌発表

左から変態仮面、CTS、南波志帆 ©あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会
左から変態仮面、CTS、南波志帆 ©あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会

映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』の予告編とポスタービジュアルが公開。あわせて主題歌が発表された。

5月14日から公開される『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』は、あんど慶周の漫画『究極!!変態仮面』をもとにした作品。頭にパンツを被ると正義の味方「変態仮面」に変身する青年・狂介の活躍を描く。

予告編は「東京中にパンティーが舞っています!」というニュースからスタート。鈴木亮平演じる狂介が、清水富美加演じるヒロイン・愛子に「私のパンティーを返して」と告げられる場面や、変態仮面となった狂介の姿、前作から登場する安田顕とムロツヨシ、新キャスト・柳楽優弥らの登場シーン、狂介が「私を、さらに強い変態にしてください!」と熱く語る場面、変態仮面がビルの間を飛び回るアクロバティックなアクションシーンなどが盛り込まれている。

あわせて公開されたポスタービジュアルでは「世界からパンティが消える。正義が消える。」というキャッチコピーが使用されている。

主題歌となるのは、LED覆面ユニットCTSによる“WAVINESS feat.南波志帆”。同曲の一部は予告編でも聴くことが可能だ。また変態仮面とCTS、南波志帆によるコラボビジュアルも公開された。なおCTSとゲストボーカルの南波志帆が映画主題歌を担当するのは、今回が初となる。

サークル(CTS)のコメント

HK2の主題歌を南波志保さんと歌わせて頂きました。映画のように切なくもアツく、色丞狂介と姫野愛子の関係性を歌に込めて、南波志帆さんとの掛け合いもこだわっています。映画館で楽しんで頂けたらと思います。是非カラオケでも。

トライアングル(CTS)のコメント

マジックヴォイスノナンバシホサマトフクメンヘンタイアイドルユニットシーティーエスガガッキョクデヘンタイカメンヲヨリ、アブノーマルクライシスニ、サセテイタダキマシタ(笑)

スクエア(CTS)のコメント

今回、HK2の主題歌に起用して頂き大変嬉しいです。主題歌WAVINESSは歌詞もHKの世界観を表現していて面白くなっているのですが、ワタシ的には是非トラックの方にも注目して頂けたらと思います。特にBassのグルーブはスピニングファイヤーのシーンをイメージしてみたので、是非Bassにも注目して聞いて頂けたらと思います。

南波志帆のコメント

こんなに素敵な作品に、まさか音楽で関わることができるなんて夢のようです。今回、CTSさんとコラボレーションをさせていただいているのですが、私は愛子さんの純粋さを表現出来たらと思い、彼女に寄り添うよな気持ちで歌わせていただきました。
力強くも美しい、そして高揚感のあるメロディアスな楽曲になりました。作品とともに、ぜひエンディングまで楽しんでいただければうれしいです。映画本編にもちらっと出演させていただきましたので、そちらもお楽しみに。笑

作品情報

『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』

2016年5月14日(土)から新宿バルト9ほか全国公開

監督・脚本:福田雄一
原作:あんど慶周『THE ABNORMAL SUPER HERO HENTAI KAMEN』(集英社文庫)
主題歌:CTS“WAVINESS feat.南波志帆”
鈴木亮平
清水富美加
柳楽優弥
ムロツヨシ
水崎綾女
皆川猿時
新井浩文
やべきょうすけ
勝矢
足立理
上地春奈
木根尚登
佐藤仁美
片瀬那奈
池田成志
安田顕
配給:東映

『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』ポスタービジュアル ©あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会
『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』ポスタービジュアル ©あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開