ニュース

田中一光の大規模ポスター展、初期から晩年までの約50点を展示

『田中一光ポスター展』が、4月5日から大阪・中之島の国立国際美術館で開催される。

戦後を代表するグラフィックデザイナーの1人である田中一光。鐘淵紡績、産経新聞大阪本社でデザイナーとして活動した後、1957年に東京に拠点を移し、1963年に独立して「田中一光デザイン室」を立ち上げた。以後、東京オリンピック、日本万国博覧会といった国家的行事にかかわるデザイン事業や、セゾングループ、無印良品などのアートディレクターを担当した。

同展は、大阪では初となる大規模なポスター展。田中が初期から晩年までに手掛けたポスターの代表作約50点が展示される。

イベント情報

『田中一光ポスター展』

2016年4月5日(火)~6月19日(日)
会場:大阪府 中之島 国立国際美術館

時間:10:00~17:00、金曜は19:00まで(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(5月2日は開館)
料金:一般430円 大学生130円
※高校生以下、18歳未満、65歳以上、心身に障がいのある方とその付添者1名は無料
※4月9日、5月7日、5月14日、6月4日は無料観覧日

田中一光『Nihon Buyo』1981年 国立国際美術館蔵 ©Ikko Tanaka / licensed by DNPartcom
田中一光『Nihon Buyo』1981年 国立国際美術館蔵 ©Ikko Tanaka / licensed by DNPartcom
田中一光『第五回産経観世能』1958年 国立国際美術館蔵 ©Ikko Tanaka / licensed by DNPartcom
田中一光『第五回産経観世能』1958年 国立国際美術館蔵 ©Ikko Tanaka / licensed by DNPartcom
田中一光『Music Today '85 今日の音楽13』1985年 国立国際美術館蔵 ©Ikko Tanaka / licensed by DNPartcom
田中一光『Music Today '85 今日の音楽13』1985年 国立国際美術館蔵 ©Ikko Tanaka / licensed by DNPartcom
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと