ニュース

小林武史プロデュースのanderlust、映像コンペ&新メンバー募集

anderlustショートムービーコンペティション ビジュアル
anderlustショートムービーコンペティション ビジュアル

anderlustによる映像コンペティションの作品募集が5月31日まで行なわれている。

本日3月30日にシングル『帰り道』でメジャーデビューしたanderlustは、雑誌『NYLON JAPAN』とソニーミュージックが2014年に開催したオーディション『JAM』のミュージック・パフォーマンス部門でNYLON賞を受賞した越野アンナ(Vo)と、越野が音楽活動を通じて知り合った西塚真吾(Ba)によるユニット。『帰り道』のタイトル曲は小林武史がプロデュースを手掛けており、4月1日から公開される多部未華子の主演映画『あやしい彼女』の主題歌に起用されている。

今回実施されるコンペティションでは、小林武史を特別審査員に迎え、30秒から5分程度の映像作品を募集。優秀作品にあわせた楽曲を、小林のプロデュースのもとでanderlustが書き下ろし、プロモーションを展開していくという。さらに制作者には賞金100万円が贈られる。募集要項などの詳細は特設サイトをチェックしよう。

なおanderlustは映像やアートの才能を持つ3人目のメンバーを同時募集。メンバーへの応募は映像コンペティションへの参加が必須となる。

リリース情報

anderlust
『帰り道』初回限定盤(CD+DVD)

2016年3月30日(水)発売
価格:1,620円(税込)
SRCL-9013/4

[CD]
1. 帰り道
2. 風船 ep.1
3. A.I.
[DVD]
1. 帰り道~MUSIC VIDEO~
2. 帰り道~MUSIC VIDEO~ Making

amazonで購入する

リリース情報

anderlust
『帰り道』通常盤(CD)

2016年3月30日(水)発売
価格:1,300円(税込)
SRCL-9015

1. 帰り道
2. 風船 ep.1
3. A.I.
4. 帰り道~Instrumental~

amazonで購入する

anderlust
anderlust
anderlust『帰り道』ジャケット
anderlust『帰り道』ジャケット
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント 1

    映画『ミッドサマー』に星野之宣、行定勲、人間食べ食べカエルらがコメント

  2. 『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」 2

    『リメンバー・ミー』が金ローで放送。歌が繋ぐ家族と「記憶」

  3. 綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」 3

    綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子ら12人が「じゃんけんグリコ」

  4. 橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」 4

    橋本環奈の瞳をカラコンで再現 ロート製薬エマーブル新企画「環奈Eye」

  5. 剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開 5

    剣心・佐藤健と縁・新田真剣佑が睨み合う『るろうに剣心 最終章』特報公開

  6. スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信 6

    スタジオジブリレコーズがサブスク解禁 サントラ23作含む38作を一挙配信

  7. 『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開 7

    『映像研には手を出すな!』実写ドラマ化、4月放送 映画版は5月15日公開

  8. シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ 8

    シェア社会に疲れた入江陽が別府・鉄輪で感じた秘密基地の豊かさ

  9. 菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感 9

    菊地成孔が渋谷PARCOでお買い物。買うことは、生きている実感

  10. 折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い 10

    折坂悠太とカネコアヤノの再会の記録 「歌」に注ぐ眼差しの違い