ニュース

元ふぇのたすMICOのソロプロジェクト「SHE IS SUMMER」始動

MICO(ex.ふぇのたす)がソロプロジェクト「SHE IS SUMMER」をスタートさせる。

昨年9月のふぇのたす解散後、ふかわりょうのソロユニット・ROCKETMANの楽曲に参加するなど、様々な活動を行なってきたMICO。5月16日にデザインオフィス「れもんらいふ」の代表・千原徹也との共同企画イベント『れもんらいふ TOKYO MUSIC Vol.1』を東京・渋谷のWWWで開催し、初ライブ行なう。

同イベントには、SHE IS SUMMERに加え、Saku、Shiggy Jr.、吉澤嘉代子が出演。4月29日から東京・表参道のROCKETで開催される『れもんらいふ展 FIVE』と連動した作品の展示や、ゲストの出演も予定されている。チケットの販売は4月3日12:00にスタート。

なおSHE IS SUMMERは、本日4月1日21:00からツイキャス配信を実施。新曲のデモ音源を公開するという。

MICO(SHE IS SUMMER)のコメント

これまでの出会いを大切に、そして新しい出会いに身を任せ、一歩一歩歩いていたらまたステージの上に戻れることになりました。 一人でも多くの人と一秒でも長く幸せな時間を過ごせるよう、私は私の中にある全てをこのプロジェクトに捧げようと思っています。 SUMMERちゃんはまだ生まれたてのBABYですが、これから皆さんと素敵なLADYに育てていけるように頑張ります。 まずは、5月16日に盟友達に囲まれて産声を上げるSUMMERをぜひぜひ見届けに来て下さい!

イベント情報

『れもんらいふ TOKYO MUSIC Vol.1』

2016年5月16日(月)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 WWW

出演:
Saku
SHE IS SUMMER
Shiggy Jr.
吉澤嘉代子
料金:前売3,000円 当日3,500円

SHE IS SUMMER
SHE IS SUMMER
『れもんらいふ TOKYO MUSIC Vol.1』ビジュアル
『れもんらいふ TOKYO MUSIC Vol.1』ビジュアル
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」 1

    ルパン三世・大野雄二が語る物作りの流儀「マンネリを恐れるな」

  2. 実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫 2

    実写『浦安鉄筋家族』に水野美紀、岸井ゆきの、本多力、斎藤汰鷹、坂田利夫

  3. 賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM 3

    賀来賢人が新川優愛に「バスドン」&岡田准一も修学旅行満喫 SoftBank新CM

  4. Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る 4

    Eveが『Smile』で果たした変化と独白。クロスレビューで探る

  5. 『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識 5

    『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』が問いただす我々の歪んだ自意識

  6. 妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生 6

    妻夫木聡が「クルマ目線」で新型FITの気持ちを語る新CM 曲は奥田民生

  7. モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催 7

    モネら印象派の作品世界に「没入」 体験型展『Immersive Museum』4月開催

  8. 映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント 8

    映画『Red』に岩井俊二、山下敦弘、あがた森魚、宇垣美里らがコメント

  9. ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編 9

    ビリー・アイリッシュ『007』主題歌“No Time To Die”音源公開&新予告編

  10. 椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図 10

    椿昇×松倉早星 反逆のアートフェアが描こうとする京都の未来図