ニュース

マツコ・デラックスが雑誌に出たくない理由を語る『SWITCH』特集記事

マツコ・デラックスの特集記事「マツコ・デラックスがSWITCHに出たくない理由」が4月20日発売の『SWITCH Vol.34 No.5』に掲載される。

これまで雑誌の依頼を断ってきたというマツコ・デラックス。同特集は、『SWITCH』編集長の新井敏記が特集とロングインタビューの依頼のために取材を申し込みに行った際のマツコとの計7時間におよぶ会話を文字に起こし、テーマごとに再構成した内容となる。

マツコが『SWITCH』に登場したくない理由やインタビューを受けない理由を明かすほか、雑誌やテレビ、東京で暮らす人々、現在の自身の立場などについて語る様子が収録される。さらに、これまでに様々なCMでマツコを起用してきたクリエイティブディレクター・佐々木宏との対談も掲載。表紙には操上和美が撮り下ろしたマツコの写真が使用される。『SWITCH』のオンラインストアで同誌を購入すると、表紙ポスターを入手することが可能だ。

また特集以外では、荒木経惟が東京の過去と現在を捉えた「トンボー・トウキョー」、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)のインタビュー、IO、cero、山口一郎と真鍋大度が「東京のサウンドトラック」を選曲する記事などが掲載される。

書籍情報

『SWITCH Vol.34 No.5』

2016年4月20日(水)発売
価格:972円(税込)
発行:スイッチ・パブリッシング

amazonで購入する

『SWITCH Vol.34 No.5』表紙
『SWITCH Vol.34 No.5』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. [Alexandros]からドラムの庄村聡泰が「勇退」 局所性ジストニアのため 1

    [Alexandros]からドラムの庄村聡泰が「勇退」 局所性ジストニアのため

  2. 『DEATH NOTE』12年ぶり完全新作読切、小畑健描き下ろし表紙イラスト公開 2

    『DEATH NOTE』12年ぶり完全新作読切、小畑健描き下ろし表紙イラスト公開

  3. 長澤まさみが全てを狂わせる「母」に 映画『MOTHER』初夏公開&超特報 3

    長澤まさみが全てを狂わせる「母」に 映画『MOTHER』初夏公開&超特報

  4. 湯浅政明監督のアニメ『映像研には手を出すな!』第1話~第4話一挙再放送 4

    湯浅政明監督のアニメ『映像研には手を出すな!』第1話~第4話一挙再放送

  5. 地球外生命体がアメリカを「統治」 SF映画『囚われた国家』4月公開 5

    地球外生命体がアメリカを「統治」 SF映画『囚われた国家』4月公開

  6. 『湘南純愛組!』実写ドラマ化、Amazon Prime Videoで配信 監督は内田英治 6

    『湘南純愛組!』実写ドラマ化、Amazon Prime Videoで配信 監督は内田英治

  7. クリープハイプ“愛す”のユニークなMV その効用を考察する 7

    クリープハイプ“愛す”のユニークなMV その効用を考察する

  8. 志村けん×菅田将暉が2人1役 山田洋次監督の映画『キネマの神様』12月公開 8

    志村けん×菅田将暉が2人1役 山田洋次監督の映画『キネマの神様』12月公開

  9. 『死にたい夜にかぎって』に山本舞香、玉城ティナ、安達祐実ら OP曲も発表 9

    『死にたい夜にかぎって』に山本舞香、玉城ティナ、安達祐実ら OP曲も発表

  10. 『SONG LIST』ゲストにGEZANと大森靖子 MCに曽我部恵一、ピエール中野ら 10

    『SONG LIST』ゲストにGEZANと大森靖子 MCに曽我部恵一、ピエール中野ら