北村匠海がクドカン脚本ドラマ『ゆとりですがなにか』にレギュラー出演

日本テレビ系で放送中の連続ドラマ『ゆとりですがなにか』に北村匠海(DISH//)が出演することがわかった。

宮藤官九郎が脚本を手掛ける『ゆとりですがなにか』は、「ゆとり第一世代」と呼ばれる1987年生まれの男3人が、様々な壁にぶつかりながら仕事や恋愛に奮闘する様を描く作品。キャストには岡田将生、松坂桃李、柳楽優弥、安藤サクラらが名を連ねている。演出を担当しているのは、監督作『謝罪の王様』『なくもんか』で宮藤とタッグを組んだ水田伸生。

北村は5月1日放送の第3話から同番組にレギュラー出演。役どころは現時点では明らかになっていない。

北村匠海(DISH//)のコメント

『ゆとりですがなにか』に出演させていただきます!
またしても新たな役柄に挑戦ではあるのですが、とても楽しく演技に取り組む日々です。
映画『あやしい彼女』の出演時にドンピシャのヒントを沢山いただいた水田監督をはじめ、素敵な先輩方、スタッフの皆さんのあたたかさに包まれながら、北村匠海『ゆとりですがなにか』の世界に生きております。
そして、水田監督と宮藤官九郎さんがタッグを組んだ作品に参加できてとても嬉しいです!
自分らしく精一杯参加させていただいてます、ぜひご覧ください!

番組情報

『ゆとりですがなにか』

毎週日曜22:30~日本テレビ系で放送

脚本:宮藤官九郎
演出:水田伸生、相沢淳、鈴木勇馬
出演:
岡田将生
松坂桃李
柳楽優弥
安藤サクラ
太賀
島崎遥香(AKB48)
高橋洋
吉岡里帆
小松和重
少路勇介
矢本悠馬
加藤諒
原扶貴子
菊池美里
手塚とおる
青木さやか
中田喜子
吉田鋼太郎

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 北村匠海がクドカン脚本ドラマ『ゆとりですがなにか』にレギュラー出演

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて