ニュース

川島海荷が人生初の金髪に、辻村深月原作の連ドラ『朝が来る』

辻村深月原作の連続ドラマ『朝が来る』が、6月4日から東海テレビ、フジテレビ系で放送される。

『朝が来る』は、今年の『本屋大賞』で5位に輝いた辻村深月の同名小説をもとにした作品。出版社勤務の夫・清和と、特別養子縁組で迎えた長男の朝斗と共に平穏に暮らす栗原佐都子のもとに、朝斗の母親を名乗る女から子どもを返すよう求める電話がかかってきたことから、佐都子が過去に引き戻されていく、というあらすじだ。

長い不妊治療の末に一度は子どもを諦めたが、特別養子縁組によって母になり、幸せな日々を送る佐都子を演じるのは、約16年ぶりに連続ドラマの主演を務める安田成美。朝斗の母を名乗る謎の女役を川島海荷、佐都子の夫・清和役を田中直樹が演じる。演出は映画『クローバー』『今日、恋をはじめます』などの古澤健と、金子与志一が担当。

7月の公演をもって所属する9nineを脱退し、女優業に専念することを先日発表した川島海荷は、同作で金髪に初挑戦。「人生初の金髪、今まで美容院に3時間もいたことがなく未知の世界を経験しました。金髪になってみて鏡に映る自分を見ると、まだ信じられません」と語っている。

また作品については「2016年は、自分の中で分岐点になると思っていたので、その中でもこの『朝が来る』は、自分でも新たな挑戦ができる作品になると思っていて、覚悟を決めて自分の役と向き合って頑張っていきたいです」とコメントしている。

番組情報

『朝が来る』

2016年6月4日(土)から毎週土曜23:40~24:35に東海テレビ、フジテレビ系で放送

演出:古澤健、金子与志一
脚本:高橋麻紀
出演:
安田成美
川島海荷
田中直樹
佐津川愛美
滝沢沙織
小野塚勇人
黒川智花
石田えり

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開