ニュース

ホドロフスキー新作『エンドレス・ポエトリー』カンヌ上映&来年公開

『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky
『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の新作『エンドレス・ポエトリー』が、5月14日に『第69回カンヌ国際映画祭』監督週間で公式上映されることが発表。あわせて2017年春に日本公開されることがわかった。

2014年に23年ぶりの監督作『リアリティのダンス』と自身のドキュメンタリー映画『ホドロフスキーのDUNE』が公開されたアレハンドロ・ホドロフスキー。『エンドレス・ポエトリー』は自伝的作品『リアリティのダンス』の続編となる作品で、昨年に制作資金の一部をクラウドファンディングで募っていた。

物語の舞台はチリの首都サンティアゴ。様々な悩みや葛藤を抱えた青年時代のホドロフスキーが、現地のアヴァンギャルドなカルチャーシーンの人々と交流する様を、虚実を織り交ぜながらマジックリアリズムの手法を用いて描く。

前作に引き続き、ホドロフスキーの父役をホドロフスキーの長男ブロンティス、青年となったホドロフスキー役を末の息子アダンが演じる。撮影監督は、ガス・ヴァン・サント、ジム・ジャームッシュ、ウォン・カーウァイらの作品で知られ、今回ホドロフスキーと初めてタッグを組むクリストファー・ドイルが務めている。

ホドロフスキーは同作について「『エンドレス・ポエトリー』は、われわれを取り巻く世界に潜むマジック・リアリズムを探求します。観た人が真の自分を発見する手がかりになる、まさに“生きること”への招待ともいうべき作品です」とコメントしている。

作品情報

『エンドレス・ポエトリー』

2017年春公開

監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
出演:
アダン・ホドロフスキー
パメラ・フローレス
ブロンティス・ホドロフスキー
レアンドロ・ターブ
イェレミアス・ハースコヴィッツ
配給:アップリンク

『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky
『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー