ニュース

ホドロフスキー新作『エンドレス・ポエトリー』カンヌ上映&来年公開

『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky
『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の新作『エンドレス・ポエトリー』が、5月14日に『第69回カンヌ国際映画祭』監督週間で公式上映されることが発表。あわせて2017年春に日本公開されることがわかった。

2014年に23年ぶりの監督作『リアリティのダンス』と自身のドキュメンタリー映画『ホドロフスキーのDUNE』が公開されたアレハンドロ・ホドロフスキー。『エンドレス・ポエトリー』は自伝的作品『リアリティのダンス』の続編となる作品で、昨年に制作資金の一部をクラウドファンディングで募っていた。

物語の舞台はチリの首都サンティアゴ。様々な悩みや葛藤を抱えた青年時代のホドロフスキーが、現地のアヴァンギャルドなカルチャーシーンの人々と交流する様を、虚実を織り交ぜながらマジックリアリズムの手法を用いて描く。

前作に引き続き、ホドロフスキーの父役をホドロフスキーの長男ブロンティス、青年となったホドロフスキー役を末の息子アダンが演じる。撮影監督は、ガス・ヴァン・サント、ジム・ジャームッシュ、ウォン・カーウァイらの作品で知られ、今回ホドロフスキーと初めてタッグを組むクリストファー・ドイルが務めている。

ホドロフスキーは同作について「『エンドレス・ポエトリー』は、われわれを取り巻く世界に潜むマジック・リアリズムを探求します。観た人が真の自分を発見する手がかりになる、まさに“生きること”への招待ともいうべき作品です」とコメントしている。

作品情報

『エンドレス・ポエトリー』

2017年春公開

監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
出演:
アダン・ホドロフスキー
パメラ・フローレス
ブロンティス・ホドロフスキー
レアンドロ・ターブ
イェレミアス・ハースコヴィッツ
配給:アップリンク

『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky
『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年