ニュース

ホドロフスキー新作『エンドレス・ポエトリー』カンヌ上映&来年公開

『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky
『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の新作『エンドレス・ポエトリー』が、5月14日に『第69回カンヌ国際映画祭』監督週間で公式上映されることが発表。あわせて2017年春に日本公開されることがわかった。

2014年に23年ぶりの監督作『リアリティのダンス』と自身のドキュメンタリー映画『ホドロフスキーのDUNE』が公開されたアレハンドロ・ホドロフスキー。『エンドレス・ポエトリー』は自伝的作品『リアリティのダンス』の続編となる作品で、昨年に制作資金の一部をクラウドファンディングで募っていた。

物語の舞台はチリの首都サンティアゴ。様々な悩みや葛藤を抱えた青年時代のホドロフスキーが、現地のアヴァンギャルドなカルチャーシーンの人々と交流する様を、虚実を織り交ぜながらマジックリアリズムの手法を用いて描く。

前作に引き続き、ホドロフスキーの父役をホドロフスキーの長男ブロンティス、青年となったホドロフスキー役を末の息子アダンが演じる。撮影監督は、ガス・ヴァン・サント、ジム・ジャームッシュ、ウォン・カーウァイらの作品で知られ、今回ホドロフスキーと初めてタッグを組むクリストファー・ドイルが務めている。

ホドロフスキーは同作について「『エンドレス・ポエトリー』は、われわれを取り巻く世界に潜むマジック・リアリズムを探求します。観た人が真の自分を発見する手がかりになる、まさに“生きること”への招待ともいうべき作品です」とコメントしている。

作品情報

『エンドレス・ポエトリー』

2017年春公開

監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
出演:
アダン・ホドロフスキー
パメラ・フローレス
ブロンティス・ホドロフスキー
レアンドロ・ターブ
イェレミアス・ハースコヴィッツ
配給:アップリンク

『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky
『エンドレス・ポエトリー』 ©Pascale Montandon-Jodorowsky
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く