舞台女優が「嫌がらせ」を企む、山田佳奈監督作『夜、逃げる』

映画『夜、逃げる』が8月から公開される。

『夜、逃げる』は、レコード会社勤務を経て2010年に劇団「□字ック」を立ち上げた山田佳奈の監督作品。音楽と映画のコラボレーション作品が集う『MOOSIC LAB 2016』のコンペティション部門に参加しており、大阪のガールズバンド・yonigeの楽曲が全編に使用されている。なお『MOOSIC LAB 2016』参加作品は、8月下旬から東京・新宿K's cinemaで順次上映される。

舞台出演のためにチケットノルマを払い、深夜の漫画喫茶でアルバイトをする舞台女優・加奈子役を菅原佳子、加奈子の恋人を奪った過去を持ち、別の女に乗り換えた男への「嫌がらせ」を加奈子に持ちかける萌乃役を瀧内公美が演じるほか、松澤匠、山田ジェームス武、さらに□字ックの劇団員たちが出演する。

なおクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」では、同作の追加制作費、編集費などへの支援を募集中。支援のリターンには、エンドロールへのクレジットや山田監督のワークショップを受ける権利、山田監督からのお中元を受け取る権利などが用意されている。

作品情報

『夜、逃げる』

2016年8月から順次上映

監督・脚本:山田佳奈
音楽:yonige
出演:
菅原佳子
瀧内公美
松澤匠
山田ジェームス武
□字ック

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 舞台女優が「嫌がらせ」を企む、山田佳奈監督作『夜、逃げる』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて