ニュース

『三島賞』に蓮實重彦&『山本周五郎賞』に湊かなえ、押切もえは受賞逃す

『第29回三島由紀夫賞』と『第29回山本周五郎賞』の選考会が本日5月16日に行なわれ、『三島由紀夫賞』に蓮實重彦の『伯爵夫人』、『山本周五郎賞』に湊かなえの『ユートピア』が選出された。

『三島賞』に輝いた蓮實は1936年生まれ。1997年から2001年まで東大総長を務めた。批評家として活動する傍ら小説も発表しており、受賞作『伯爵夫人』は1986年の『陥没地帯』、1994年の『オペラ・オペラシオネル』に続く22年ぶりの新作小説となる。

『山本周五郎賞』を受賞した湊は2007年に『第29回小説推理新人賞』を受賞。2008年に発表した『告白』が映画化されたほか、『白ゆき姫殺人事件』『贖罪』『少女』などが実写化されている。昨年11月に刊行された受賞作『ユートピア』は、海辺の町で出会った3人の女性を描く心理サスペンスだ。

なお『三島賞』にはいしいしんじ、山下澄人、三輪太郎、亀山郁夫がノミネートしていたほか、『山本周五郎賞』候補には押切もえ、宮内悠介、中田永一、相場英雄が名を連ねていた。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー