ニュース

松田龍平主演『ぼくのおじさん』に戸次重幸、寺島しのぶ、宮藤官九郎ら

左上から戸次重幸、戸田恵梨香、宮藤官九郎、寺島しのぶ ©1972北杜夫/新潮社 ©2016「ぼくのおじさん」製作委員会
左上から戸次重幸、戸田恵梨香、宮藤官九郎、寺島しのぶ ©1972北杜夫/新潮社 ©2016「ぼくのおじさん」製作委員会

山下敦弘監督の新作映画『ぼくのおじさん』の追加キャストが発表された。

同作は、北杜夫が自身をモデルに執筆し、和田誠がイラストを手掛けた同名児童文学が原作。兄の家に居候している貧乏で独身の「おじさん」を主人公に、おじさんの甥・雪男の目線からおじさんが一目惚れした相手に会いたい一心で、ハワイに行こうと様々な手を尽くす様が描かれる。

大学で臨時の哲学講師として働き、屁理屈ばかりこねるおじさん役を松田龍平、しっかり者の雪男役を大西利空、おじさんが一目惚れするヒロイン・エリー役を真木よう子が演じる。

今回発表された追加キャストは、雪男の担任みのり先生役を演じる戸田恵梨香、雪男の父・定男役の宮藤官九郎、母・節子役の寺島しのぶ、おじさんと雪男と知り合う老舗和菓子屋の御曹司・青木役の戸次重幸、雪男の親戚でおせっかいな智子おばさん役のキムラ緑子、エリーの母・稲葉キャシー役の銀粉蝶。あわせてキャストの劇中ビジュアルも公開された。

戸次重幸のコメント

山下監督とも話していたんですが、結局僕の演じた青木っていいやつなんですよね。裏表もなく、感情を前に出していくキャラクターでいきましょうとインの前から話してました。
おじさんについて最初はおじさん役が松田龍平くんか?って、視聴者側的な驚きがありましたが、利空くんとペアルックで並んでいる姿を見たら、妙な説得力があって、おじさんぷりがしっくりきていて驚きました。

寺島しのぶのコメント

撮影中、龍平くんに「何、いつも笑ってんですか?」と言われました。自分では意識していませんでしたが、ギスギスしていない精神が健全でいられる役だったので、いつも朗らかな気分で現場に居られました。どうしてそんなに優しいのかわからないけれど、節子は基本的にはおじさんに優しくて海のように受け入れる人だなと思います。もう少し時間があれば、宮藤さんとも龍平くんとも役の上で良い関係性が築けると思うので、次回作に期待しています。

宮藤官九郎のコメント

付け髭をつけた途端に、少し変な人なのかなあ?って思ったけど、現場に入ったら、おじさん役の龍平君が変に見えればいいな。と、自分はなるべく自然に自然にしようと思いました。監督から、威厳威厳と言われたので、威厳があるお父さんに見えればいいな。って。髭つけると顔って変わるんですよね。それでも監督からは威厳を!って言われたので、難しかったです。
おじさんは、自分に近いというか、ああゆう生き方ができたらいいですよね。うらやましいです。

戸田恵梨香のコメント

小学校の先生役は初めてで、こうゆう雰囲気の衣装自体、今まで着ていなかったので、とても新鮮でした。逆に女の子ぽくて、こっぱずかしい感じでした。私自身、おじさんはとてもかかわいらしい人だと思っているので、実際できあがったものを楽しみにしています。

作品情報

『ぼくのおじさん』

2016年11月3日(木・祝)から全国公開

監督:山下敦弘
脚本:須藤泰司
原作:北杜夫『ぼくのおじさん』
出演:
松田龍平
真木よう子
大西利空
寺島しのぶ
宮藤官九郎
キムラ緑子
銀粉蝶
戸田恵梨香
戸次重幸
配給:東映

青木役の戸次重幸 ©1972北杜夫/新潮社 ©2016「ぼくのおじさん」製作委員会
青木役の戸次重幸 ©1972北杜夫/新潮社 ©2016「ぼくのおじさん」製作委員会
節子役の寺島しのぶ ©1972北杜夫/新潮社 ©2016「ぼくのおじさん」製作委員会
節子役の寺島しのぶ ©1972北杜夫/新潮社 ©2016「ぼくのおじさん」製作委員会
定男役の宮藤官九郎 ©1972北杜夫/新潮社 ©2016「ぼくのおじさん」製作委員会
定男役の宮藤官九郎 ©1972北杜夫/新潮社 ©2016「ぼくのおじさん」製作委員会
みのり先生役の戸田恵梨香 ©1972北杜夫/新潮社 ©2016「ぼくのおじさん」製作委員会
みのり先生役の戸田恵梨香 ©1972北杜夫/新潮社 ©2016「ぼくのおじさん」製作委員会
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年