『弱虫ペダル』が実写化、連続ドラマが8月から放送

渡辺航の漫画『弱虫ペダル』が連続ドラマ化。8月からBSスカパー!で放送される。

2008年から『週刊少年チャンピオン』で連載されている『弱虫ペダル』は、千葉県立総北高校に入学した小野田坂道を主人公に、自転車競技にかける高校生たちの姿を描いた青春漫画。これまでに舞台化、アニメ化もされている。

ドラマ版の監督を務めるのは『下町ロケット』『流星ワゴン』『半沢直樹』などの演出を手掛けた棚澤孝義。脚本は映画『日々ロック』の脚本に参加しているほか、劇団ポップンマッシュルームチキン野郎の主宰を務める吹原幸太が担当する。キャストは後日発表される。

なおドラマの放送に先駆けて、7月にはBSスカパー!で特別番組を放送。収録現場のレポートやキャストへのインタビューなどが盛り込まれる予定だ。

番組情報

BSスカパー!オリジナル連続ドラマ
『弱虫ペダル』

2016年8月からBSスカパー!で放送

監督:棚澤孝義
脚本:吹原幸太
原作:渡辺航『弱虫ペダル』(秋田書店)

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『弱虫ペダル』が実写化、連続ドラマが8月から放送

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて