ニュース

裸の男娼・松坂桃李&女主人・高岡早紀、R-15舞台『娼年』ビジュアル

三浦大輔演出の舞台『娼年』のメインビジュアルが公開された。

8月26日から東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウスほかで上演される同公演は、石田衣良の小説『娼年』とその続編『逝年』をもとにした作品。フリーターの森中領が、ボーイズクラブのオーナー・御堂静香と出会い、彼女の勧めで始めた男娼の仕事にやりがいを見出していく様や、領と静香が次第に惹かれ合っていく様子が描かれる。領役を松坂桃李、静香役を高岡早紀が演じる。

公開されたメインビジュアルでは、渋谷の街を背景に上半身裸の領と静香が抱き合っている姿が写し出されている。あわせて領の客となる老女役を江波杏子、領の友人・メグミ役をオーディションで選出された樋井明日香、領の客の1人・泉川紀子役を同じくオーディションで選ばれた遠藤留奈が演じることが発表。同公演の全キャストが明らかになった。

なお同公演はR-15指定で上演。東京公演のチケット販売は6月11日、福岡公演は6月18日、大阪公演は7月9日からスタートする。

イベント情報

『娼年』

脚本・演出:三浦大輔
原作:石田衣良『娼年』『逝年』(集英社)
出演:
松坂桃李
高岡早紀
佐津川愛美
村岡希美
安藤聖
樋井明日香
良田麻美
遠藤留奈
須藤理彩
猪塚健太
米村亮太朗
古澤裕介
江波杏子

東京公演
2016年8月26日(金)~9月4日(日)全13公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 プレイハウス
料金:全席指定9,800円 学生席6,500円

大阪公演
2016年9月7日(水)~9月11日(日)全7公演
会場:大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
料金:S席9,800円 プレミアムシート12,800円
※プレミアムシートは特典付

福岡公演
2016年9月14日(水)、9月15日(木)全2公演
会場:福岡県 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
料金:9,800円

『娼年』メインビジュアル
『娼年』メインビジュアル
『娼年』メインビジュアル
『娼年』メインビジュアル
『娼年』キャスト
『娼年』キャスト
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開