Ryo Hamamotoが4年ぶり新アルバム、濱田岳主演短編のED曲も収録

Ryo Hamamotoのニューアルバム『Third』が、7月13日にリリースされる。

mooolsのギタリストとしても活動するRyo Hamamoto。バンド名義のRyo Hamamoto & The Wetlandとしてリリースされた『Ryo Hamamoto & The Wetland』以来、約4年ぶりのアルバムとなる『Third』には、シングル曲“Last Train Home / 終電”、濱田岳主演のショートフィルム『Miss Fortune』のエンディングテーマ“The Photographer / 写真家”の新録バージョンなど全9曲が収録される。

プロデュースを手掛けたのは、ドラマーとしても参加している神谷洵平(赤い靴)。ベーシストにガリバー鈴木を迎えている。レコーディングは、笹倉慎介が所有している埼玉・入間のスタジオguzuriで主に行なわれ、細野晴臣や大森靖子、ザ・なつやすみバンドなどの作品を手掛ける原真人がミックスとマスタリングを担当している。

& recordsのSoundCloudでは収録曲“Last Train Home / 終電”“ティッシュ・ペーパー・チルドレン / Tissue Paper Children”の試聴音源が公開中だ。

リリース情報

Ryo Hamamoto
『Third』(CD)

2016年7月13日(水)発売
価格:2,160円(税込)
SONIC-013

1. Last Train Home / 終電
2. ティッシュ・ペーパー・チルドレン / Tissue Paper Children
3. ファイア・スターター / The Guilt
4. バーベキュー / BBQ
5. The Photographer / 写真家
6. ウェディング・マサカー / The Wedding Present Massacre
7. トレホの背中 / Like a Trejo
8. Los Arap / ルソラパ
9. カリブに配属 / Fata Morgana
※初回限定盤は紙ジャケット仕様

amazonで購入する

  • HOME
  • Music
  • Ryo Hamamotoが4年ぶり新アルバム、濱田岳主演短編のED曲も収録

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて