中島歩出演&スズキ拓朗演出、怪談を組み合わせたオリジナル劇

笛井事務所の舞台『怪談』が9月16日から東京・武蔵野芸能劇場小劇場で上演される。

笛井事務所は、2012年に奥村飛鳥が立ち上げた舞台制作事務所。戦後日本文学を通して現代社会の姿を見ることをテーマに、公演ごとに演出家や出演者を変えて活動している。

同事務所の第7回公演となる『怪談』は、怪談噺の名作として知られる『牡丹燈籠』『番町皿屋敷』『真景累ヶ淵』のエピソードを組み合わせたオリジナル劇。

出演は、第6回公演『愛の眼鏡は色ガラス』で主役を務めた中島歩、埜本幸良(範宙遊泳)ほか。演出を手掛けたのは、コンドルズのメンバーで振付師としても活動するCHAiroiPLIN主宰・スズキ拓朗。チケットの一般発売は7月15日10:00からスタート。

イベント情報

笛井事務所
『怪談』

2016年9月16日(金)~9月20日(火)全7公演
会場:東京都 三鷹 武蔵野芸能劇場小劇場

演出:スズキ拓朗(CHAiroiPLIN、コンドルズ)
原案:『牡丹燈籠』『番町皿屋敷』『真景累ヶ淵』
構成:奥村飛鳥
出演:
中島歩
埜本幸良(範宙遊泳)
吉澤清貴(レティクル東京座)
奥村飛鳥
ほか
料金:前売4,500円 当日4,800円

  • HOME
  • Stage
  • 中島歩出演&スズキ拓朗演出、怪談を組み合わせたオリジナル劇

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて