『ピタゴラスイッチ』ゲームアプリが登場、パズルで「考える力」育てる

NHK Eテレの教育番組『ピタゴラスイッチ』のiPad、iPhone向けゲープアプリ『ピタゴラパブロフ』が、本日6月24日にリリースされた。

『ピタゴラパブロフ』は、『ピタゴラスイッチ』の「考える力を育てる」というコンセプトに基づいて制作されたパズルゲームアプリ。佐藤雅彦を中心に、石川将也(ユーフラテス)とインターフェース研究者の安本匡佑が2012年に開発したiPhone向けパズルゲーム『Pavlov』をもとに、インターフェースやパズルの内容を大幅に改良して作られた。

ゲームには『ピタゴラスイッチ』のキャラクターが登場。パズルをそろえて、言語を介さずに論理的・抽象的な思考力を育てるゲームになっている。

  • HOME
  • Life&Society
  • 『ピタゴラスイッチ』ゲームアプリが登場、パズルで「考える力」育てる

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて