独自の資金調達法でハリウッドを支えた銀行マンの記録映画、監督は実娘

フランズ・アフマンのドキュメンタリー映画『ハリウッドがひれ伏した銀行マン』が7月16日から東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開される。

アフマンは20世紀後半のハリウッド映画の製作を支えたオランダ出身の銀行マン。1970年代にイタリアの映画プロデューサーのディノ・デ・ラウレンティスと共に映画の資金調達システム「プリセールス」を開発し、新興映画会社に次々と融資を行なった。アフマンがサポートした映画は『ターミネーター』『ランボー/怒りの脱出』『プラトーン』をはじめ約900本におよぶ。

アフマンの娘ローゼマイン・アフマンが監督を務めた『ハリウッドがひれ伏した銀行マン』は、アフマンの軌跡を辿ったドキュメンタリー。病床にあって回顧録を残したいと打ち明けたアフマンへのインタビューや、彼の死後にケビン・コスナー、オリバー・ストーンといった映画人を訪ねた様子を収めた作品だ。

作品情報

『ハリウッドがひれ伏した銀行マン』

2016年7月16日(土)からヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開

監督・脚本:ローゼマイン・アフマン
出演:
アンニャ・アフマン
スティーブ・ブルーム
ケビン・コスナー
ガイ・イースト
ハロルド・フリードマン
デレク・ギブソン
ヨーラン・グローバス
メナヘム・ゴーラン
ピーター・ホフマン
ロス・ジョンソン
アーノルド・コペルソン
マーサ・デ・ラウレンティス
ブルース・マクナル
ジョン・ミラー
スカイラー・ムーア
バックリー・ノリス
スティーヴン・ポール
ミッキー・ローク
ジョン・シュルマン
フレッド・サイドウォーター
ピエール・スペングラー
オリバー・ストーン
ジェームズ・トーマ
アンディ・ヴァイナ
ポール・バーホーベン
配給:アークエンタテインメント、東北新社 STAR CHANNEL MOVIES

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 独自の資金調達法でハリウッドを支えた銀行マンの記録映画、監督は実娘

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて