ニュース

外見や性別の区別を超えた「人間自身」の美しさ捉える、浦芝眞史の写真展

浦芝眞史の写真展『身体の森で』が、7月20日から東京・銀座のガーディアン・ガーデンで開催される。

2015年に同ギャラリー主催の公募展である第13回写真『1_WALL』でグランプリを受賞した浦芝。男性と女性という生物学的な違いによる分類を超えた人間自身に美しさを見出し、作品を発表している。

同展では、一見すると性別もわからないように写された身体の写真など、同性愛者や自身の身体に違和感を抱いている人々を被写体にした作品を展示する。

なお7月20日にはオープニングパーティーを開催。さらに7月22日にはPGIギャラリーのディレクター・高橋朗を迎えたトークイベント『「写真と身体」高橋朗×浦芝眞史』が行なわれる。

浦芝眞史のコメント

ある人は、200万円かけてその胸を取りたいという。
またある人は女に生まれたかったというし、別のある人は男になりたいという。
もし、世界にいる人間がその人だけなら、彼らはそんな悩みを持つこともなかっただろう。
人はたくさんの他者の間で生きている。だからこそ悩みを持つ。
例えば200万円払って望む身体になるということが、悩みを解消するための最善の選択肢なのかどうか、今はまだわからない。
ただ私は、彼らの身体を今のままでも十分に美しいと思った。

イベント情報

浦芝眞史展
『身体の森で』

2016年7月20日(水)~8月5日(金)
会場:東京都 銀座 ガーディアン・ガーデン

時間:11:00~19:00
休館日:日曜
料金:無料

オープニングパーティー
2016年7月20日(水)19:00~20:30
会場:東京都 銀座 ガーディアン・ガーデン
料金:無料

トークイベント
『「写真と身体」高橋朗×浦芝眞史』
2016年7月22日(金)19:10~20:40
会場:東京都 銀座 ガーディアン・ガーデン
出演:
高橋朗(PGIギャラリー)
浦芝眞史
料金:無料(要予約)

浦芝眞史作品
浦芝眞史作品
浦芝眞史作品
浦芝眞史作品
浦芝眞史作品
浦芝眞史作品
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る