上野樹里&リリー出演『お父さんと伊藤さん』予告、ユニコーンが楽曲提供

映画『お父さんと伊藤さん』の予告編が公開。あわせてエンディングテーマが、ユニコーンの新曲“マイホーム”になることがわかった。

『お父さんと伊藤さん』は『第8回小説現代長編新人賞』を受賞した中澤日菜子の同名小説が原作。書店のアルバイト店員・彩と、離婚経験がある20歳年上の恋人・伊藤さんが同棲しているアパートに彩の父が転がり込んできたことから、3人の共同生活が始まるというあらすじだ。監督は『ふがいない僕は空を見た』『四十九日のレシピ』などのタナダユキ。

エンディングテーマとなる“マイホーム”は、8月10日にリリースされるユニコーンのニューアルバム『ゅ 13-14』の収録曲。予告編には同曲の一部が使用されているほか、上野樹里演じる彩、リリー・フランキー演じる伊藤さん、藤竜也演じる父による日常の模様が映し出されている。

なおユニコーンが同曲について語るインタビュー動画もYouTubeで公開中だ。

タナダユキ監督のコメント

これは主人公の彩の顔で終わる映画になるだろうということは最初から思っていて、その時に女の人の声で彩の背中を押すのはちょっと違うかな、今作に関しては、いい感じに嫌な感じになるなと(笑)と感じていました。伊藤さんくらいの世代のアーティストの方の声で、どこか遠くで見守っている感じの曲がいいんじゃないかな、と。ままならない人たちをままならないまま受け止めてくれる、でも優しいだけじゃない目線のある曲だと思います。中学生の頃からユニコーンの大ファンだったので、今でも信じられず、とても幸せです。

作品情報

『お父さんと伊藤さん』

2016年10月8日(土)から新宿バルト9ほか全国公開

監督:タナダユキ
脚本:黒沢久子
原作:中澤日菜子『お父さんと伊藤さん』(講談社)
エンディングテーマ:ユニコーン“マイホーム”
出演:
上野樹里
リリー・フランキー
長谷川朝晴
安藤聖
渡辺えり
藤竜也
配給:ファントム・フィルム

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 上野樹里&リリー出演『お父さんと伊藤さん』予告、ユニコーンが楽曲提供

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて