ヨーロッパ企画の新作は大阪・新世界を舞台にしたSF、音楽はキセル

劇団ヨーロッパ企画の舞台『来てけつかるべき新世界』が、9月16日から東京・下北沢の本多劇場ほか全国10劇場で上演される。

1998年に結成し、京都を拠点に活動するヨーロッパ企画はコメディーを中心に上演する劇団。年間約1本の本公演ツアーや、大小様々な企画公演に加えて、映画祭、テレビ、ラジオ、携帯アプリ、雑誌など幅広い分野で活動している。また、これまでに舞台『サマータイムマシン・ブルース』『曲がれ!スプーン』が本広克行監督によって映画化されている。

『来てけつかるべき新世界』は、将棋サロンやゲームセンターがあり、「おっさん天国」と称される大阪・新世界を舞台にしたSF作品。「おっさん」がドローンと戦ったり、ロボットアームに王手飛車取りを迫られたり、ホログラフィの娘と言い合いしたりする世界が描かれるという。

作・演出を手掛けるのはヨーロッパ企画主宰の上田誠。音楽はキセルが担当し、客演には金丸慎太郎、藤谷理子、福田転球(転球劇場)を迎える。チケットの一般発売は7月23日にスタート。

同公演は東京公演に加えて、9月3日にプレビュー公演を実地する栗東、京都、広島、福岡、大阪、四日市、高知、横浜、名古屋の全国10か所を巡回する。詳細はヨーロッパ企画のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

ヨーロッパ企画 第35回公演
『来てけつかるべき新世界』

東京公演
2016年9月16日(金)~9月25日(日)全13公演
会場:東京都 下北沢 本多劇場
作・演出:上田誠
音楽:キセル
出演:
石田剛太
酒井善史
角田貴志
諏訪雅
土佐和成
中川晴樹
永野宗典
西村直子
本多力
金丸慎太郎
藤谷理子
福田転球(転球劇場)
料金:前売4,500円 当日5,000円 前売学生シート3,000円

関連リンク

  • HOME
  • Stage
  • ヨーロッパ企画の新作は大阪・新世界を舞台にしたSF、音楽はキセル

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて