鳥公園×太田省吾の舞台『ヤジルシ』、東京は回遊型&香川は野外上演

鳥公園の舞台『ヤジルシ』が、9月14日から東京・昭和島のBUCKLE KOBO、10月8日から香川・唐櫃岡の棚田で上演される。

劇作家、演出家の西尾佳織が主宰を務める鳥公園は、2007年に結成された演劇ユニット。2013年に初演された鳥公園の舞台『カンロ』の上演台本は、『第58回岸田國士戯曲賞』の最終候補作品に選ばれた。

『ヤジルシ』は、「9.11同時多発テロ事件以降の世界で、いかなる表現が可能か?」という問いに対する応答として書かれた太田省吾の戯曲。作中で引用されるテクストを今回の上演用に再編し、現在の世界情勢に即した内容に更新するという。演出は西尾が担当。

東京公演は回遊型上演となり、観客は2階建ての元鉄工所の様々な場所を歩きながら、建物内で展開されている物語を自由に鑑賞することができる。また香川公演では野外上演が行なわれる。

東京公演のチケット一般発売は8月7日からスタート。『瀬戸内国際芸術祭2016』内での公演となる香川公演については、鳥公園のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

鳥公園
『ヤジルシ』

作:太田省吾
演出:西尾佳織(鳥公園)
出演:
武井翔子(鳥公園)
大石恵美
榊原毅
笹野鈴々音
中藤奨(無隣館)
山崎皓司(快快)

東京公演
2016年9月14日(水)~9月19日(月・祝)
会場:東京都 昭和島 BUCKLE KOBO
料金:
前売 一般3,000円 25歳以下2,500円 高校生以下500円
当日 一般3,500円 25歳以下3,000円 高校生以下500円

香川公演
2016年10月8日(土)、10月9日(日)全2公演
会場:香川県 唐櫃岡の棚田
料金:
前売 一般1,500円 小中高生1,000円
当日 一般2,000円 小中高生1,000円
※一般当日は『瀬戸内国際芸術祭』作品鑑賞パスポート提示で1,800円

  • HOME
  • Stage
  • 鳥公園×太田省吾の舞台『ヤジルシ』、東京は回遊型&香川は野外上演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて