ニュース

『さいたまトリエンナーレ2016』公式キャラはタムくん作「さいたマムアン」

『さいたまトリエンナーレ2016』の公式イメージキャラクターが発表された。

公式イメージキャラクターに起用されたのは、「タムくん」の愛称で知られるウィスット・ポンニミットが描いた「さいたマムアン」。ポンニミットがこれまでも描いてきた「マムアン」を同イベントのためにドレスアップさせたキャラクターとなり、会場の案内やサイン、印刷物などに使用される。

『さいたまトリエンナーレ2016』は、9月24日からさいたま市内の各地で開催。「未来の発見!」をテーマに掲げ、ディレクターはP3 art and environment統括ディレクターの芹沢高志が務める。参加作家にはウィスット・ポンニミットをはじめ、チェ・ジョンファ、ダニエル・グェティン、日比野克彦、目、西尾美也、野口里佳、岡田利規、大友良英、小沢剛、アピチャッポン・ウィーラセタクンら34組が名を連ねている。

イベント情報

『さいたまトリエンナーレ2016』

2016年9月24日(土)~12月11日(日)
会場:埼玉県 さいたま 与野本町駅から大宮駅周辺エリア、武蔵浦和駅周辺から中浦和駅周辺エリア、岩槻駅周辺エリアほか

参加作家:
秋山さやか
アイガルス・ビクシェ
チェ・ジョンファ
藤城光
ダニエル・グェティン
日比野克彦
ホームベース・プロジェクト
磯辺行久
日本相撲聞芸術作曲家協議会JACSHA
川埜龍三
オクイ・ララ
ロングフィルム・シアター
アダム・マジャール
松田正隆

向井山朋子
長島確
新しい骨董
西尾美也
野口里佳
岡田利規
大洲大作
大友良英
小沢剛
ウィスット・ポンニミット
ソ・ミンジョン
SMF
ダンカン・スピークマン&サラ・アンダーソン
鈴木桃子
高田安規子・政子
多和田葉子
マテイ・アンドラシュ・ヴォグリンチッチ
アピチャッポン・ウィーラセタクン
ユン・ハンソル
ほか

さいたマムアン ©ウィスット・ポンニミット
さいたマムアン ©ウィスット・ポンニミット
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 1

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  2. 大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画 2

    大野智がNHK『LIFE!』でダンス披露 『嵐にしやがれ』とのコラボ企画

  3. 三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子 3

    三島由紀夫作の舞台『熱帯樹』に林遣都、岡本玲ら 演出は小川絵梨子

  4. TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る 4

    TOSHI-LOWとフェス。アーティスト兼主催者目線で、現状を語る

  5. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 5

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番 7

    安室奈美恵の1994年からの歴代CM45本を一挙公開 AbemaTVの生放送特番

  8. 平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開 8

    平手友梨奈の「予測不可能」な生き様。初主演映画『響 -HIBIKI-』が公開

  9. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 9

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  10. Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く 10

    Amazon.co.jpが音楽イベントのストリーミング配信を開始。その狙いを訊く