ゲントウキの約10年ぶり新アルバム『誕生日』、ジャケは中村佑介

ゲントウキのニューアルバム『誕生日』が、9月21日にリリースされる。

田中潤のソロユニットとして活動しているゲントウキ。田中はSMAPやMay J.、土岐麻子らの作編曲や、プロデューサーとしても活動している。ゲントウキ名義では2007年の『幻燈名作劇場』以来のアルバムとなる『誕生日』には、“素敵な、あの人。”のアコースティックバージョンを含む全9曲が収録される。ジャケットイラストは『幻燈名作劇場』に引き続いて中村佑介が担当している。

また同作のリリースを記念するライブが、10月14日に東京・青山の月見ル君想フ、11月7日に大阪・心斎橋のMusic Club JANUSで開催される。

なおビクターエンタテインメントのオフィシャルサイトでは、『誕生日』についての著名人からのコメントが掲載。堀込泰行は「ゲントウキが帰って来た!相変わらずの珠玉の曲達をピッカピカのサウンドに乗せて。新旧ファンを問わず満足させる、音楽的野心に満ちたとっても痛快なアルバム」と推薦コメントを寄せている。漫画家のヤマザキマリは「心地の良いサウンドに何となく耳を傾けているだけで、根拠のない嬉しさとワクワク感で全身が満たされます。最高ですゲントウキ!」とのコメントを発表している。

リリース情報

ゲントウキ
『誕生日』(CD)

2016年9月21日(水)発売
価格:2,800円(税込)
VICL-64642

1. 誕生日
2. 5万年サバイバー
3. カモメの気持ち
4. Bye Bye
5. 愛の砂漠
6. ソフトクリームとスカートの記念日
7. アルゴリズム
8. Busy Days
9. 素敵な、あの人。(Acoustic Ver.)

amazonで購入する

  • HOME
  • Music
  • ゲントウキの約10年ぶり新アルバム『誕生日』、ジャケは中村佑介

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて