東宝製作のアニメ映画『GODZILLA』が来年公開、脚本は虚淵玄

アニメーション映画『GODZILLA』が2017年に全国で公開されることがわかった。

シリーズ最新作『シン・ゴジラ』が現在上映されている『ゴジラ』シリーズ。1954年公開の第1作から『シン・ゴジラ』までの全29作品の累計観客動員数が1億人を突破したことでも話題を集めた。

東宝が製作するアニメーション映画『GODZILLA』。劇場版アニメ『名探偵コナン』シリーズなどを手掛ける静野孔文と、アニメ『シドニアの騎士 第九惑星戦役』『亜人』で総監督を務めた瀬下寛之が共に監督として迎え、ストーリー原案と脚本を『魔法少女まどか☆マギカ』の虚淵玄が執筆する。制作はポリゴン・ピクチュアズが担当。製作発表にあわせて、ティザービジュアルも公開された。

静野孔文監督のコメント

ゴジラが大好きな人も、まったく知らない人も楽しめるアニメならではの壮大なスケールのエンターテイメントを目指しています。ご期待ください。

瀬下寛之監督のコメント

虚淵玄さんと静野孔文監督、超個性的でグローバルセンスに富んだ才能を持つ二人のクリエイターと共に、壮大な世界観と人間ドラマを目指します。

虚淵玄のコメント

ゴジラというタイトルに関わらせていただけるのは、日本に生まれたクリエイターとして最高の名誉であると思っています。
ここまで支えてくださった大勢の方々に感謝を捧げるとともに、そのご期待に添えるよう全力を尽くす所存です。

作品情報

『GODZILLA』

2017年に全国公開

監督:静野孔文、瀬下寛之
ストーリー原案・脚本:虚淵玄(ニトロプラス)
アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
配給:東宝映像事業部

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 東宝製作のアニメ映画『GODZILLA』が来年公開、脚本は虚淵玄

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて