遠藤憲一が実在のがん研究者役、学生時代から晩年まで演じる『うさぎ追いし』

映画『うさぎ追いし~山極勝三郎物語~』が11月5日から長野先行、12月17日から東京・有楽町スバル座ほか全国順次公開される。

同作は、1915年に世界で初めて人工的ながんの発生実験に成功し、がんの発生原因の解明に道をひらいた病理学者・山極勝三郎の伝記映画。16歳で長野から上京して、婿養子に入り、結核を患いながらも研究を成功させた山極の生涯を描く。

学生時代から晩年まで、勝三郎の40年間を演じたのは遠藤憲一。勝三郎に寄り添い続けた妻・かね子役を水野真紀、親友・金子滋次郎役を豊原功補が演じるほか、岡部尚、高橋惠子、北大路欣也らがキャストに名を連ねている。

作品情報

『うさぎ追いし~山極勝三郎物語~』

2016年11月5日(土)から長野先行、12月17日(土)から有楽町スバル座ほか全国順次公開

監督:近藤明男
脚本:篠原高志
出演:
遠藤憲一
水野真紀
豊原功補
岡部尚
高橋惠子
北大路欣也
横光克彦
緒方美穂
尾崎右宗
秋月成美
森日菜美
古今亭文菊
白川和子
三上寛
配給:新日本映画社

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 遠藤憲一が実在のがん研究者役、学生時代から晩年まで演じる『うさぎ追いし』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて