電車から見た不倫現場が殺人事件に発展、『ガール・オン・ザ・トレイン』

映画『ガール・オン・ザ・トレイン』が11月18日から東京・日比谷のTOHOシネマズみゆき座ほか全国で公開される。

同作は、『ニューヨークタイムズ』や『サンデータイムズ』のベストセラーで長期にわたって1位を獲得したポーラ・ホーキンズによる同名ミステリー小説を映画化した作品。離婚による傷心の日々を送りながら、通勤電車の窓から見える「理想の夫婦」の姿に自分を重ねて自身を慰めているレイチェルが、ある日「理想の妻」の不倫現場を目撃し、その後「妻」の死体が発見されるというあらすじだ。

目撃者として事件の真相を追う一方で、不倫を目撃した次の日の記憶がなく、周囲から疑惑の目を向けられるレイチェル役を演じるのは、『プラダを着た悪魔』のエミリー・ブラント。さらにレベッカ・ファーガソン、ヘイリー・ベネット、ルーク・エヴァンスらがキャストに名を連ねている。監督は『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』のテイト・テイラー。

作品情報

『ガール・オン・ザ・トレイン』

2016年11月18日(金)からTOHOシネマズみゆき座ほか全国で公開

監督:テイト・テイラー
脚本:エリン・クレシダ・ウィルソン
原作:ポーラ・ホーキンズ『ガール・オン・ザ・トレイン』(講談社文庫)
出演:
エミリー・ブラント
レベッカ・ファーガソン
ヘイリー・ベネット
ジャスティン・セロー
ルーク・エヴァンス
配給:東宝東和

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 電車から見た不倫現場が殺人事件に発展、『ガール・オン・ザ・トレイン』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて