傷だらけの小栗旬と残虐なカエル男、映画『ミュージアム』予告編

映画『ミュージアム』の予告編とポスタービジュアルが公開された。

巴亮介の同名漫画をもとにした『ミュージアム』は、謎のメモを残し、雨の日にだけ残虐な猟奇殺人を繰り返す「カエル男」と、カエル男に狙われた妻を守ろうと奮闘する警視庁捜査一課の刑事・沢村久志を描くサイコスリラー。沢村役を小栗旬、沢村の妻・遥役を尾野真千子、新米刑事・西野純一役を野村周平が演じる。監督は映画『るろうに剣心』シリーズの大友啓史。

予告編は、運転する車が横転して車外に放り出され、路上でカエル男に蹴り上げられる沢村の姿や、「沢村遥を殺せ」というカエル男のセリフなど、沢村が傷だらけになりながらカエル男に追い詰められていく様が垣間見える内容になっている。またカエル男による残虐な「刑」が次々に映し出されるほか、沢村の目の前で縛られた西野がカエル男に屋上から落とされる場面も確認できる。さらにONE OK ROCKによる主題歌“Taking Off”も使用されている。

作品情報

『ミュージアム』

2016年11月12日(土)から全国公開

監督:大友啓史
脚本:高橋泉、藤井清美、大友啓史
原作:巴亮介『ミュージアム』(講談社)
主題歌:ONE OK ROCK“Taking Off”
出演:
小栗旬
尾野真千子
野村周平
丸山智己
伊武雅刀
田畑智子
市川実日子
大森南朋
松重豊
配給:ワーナー・ブラザース映画

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 傷だらけの小栗旬と残虐なカエル男、映画『ミュージアム』予告編

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて