柳幸典の個展、BankART全館で『アントファーム』や大型新作を展示

柳幸典の個展『ワンダリング・ポジション』が10月14日から神奈川・横浜のBankART STUDIO NYKで開催される。

1959年福岡生まれの現代美術家・柳幸典。国旗をかたどった砂を蟻が掘り崩してゆく作品『ザ・ワールドフラッグ・アント・ファーム』が1993年の『ヴェネチア・ビエンナーレ』アペルト部門で賞を受けるなど、国内外で活動を続けている。

BankART STUDIO NYK全館を用いて開催される同展では、『アントファーム』シリーズや、岡山・犬島の廃墟となった銅製錬所を美術館として再生させる『犬島アートプロジェクト』のコンセプトモデル、ゴジラにフォーカスした新作などの大型作品が公開される。

なお会期中には、写真家の石内都や田中功起らが登壇するイベントも開催。詳細はBankART STUDIO NYKのオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

柳幸典
『ワンダリング・ポジション』

2016年10月14日(金)~12月25日(日)
会場:神奈川県 横浜 BankART STUDIO NYK

時間:11:00~19:00
料金:一般1,200円 大・専門・横浜市民900円 高校生・65歳以上600円
※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方と付添者1名は無料

  • HOME
  • Art,Design
  • 柳幸典の個展、BankART全館で『アントファーム』や大型新作を展示

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて