ニュース

青春水泳漫画『男水!』ドラマ化&舞台化、松田凌、宮崎秋人ら出演

木内たつやの漫画『男水!』のドラマ化および舞台化が発表された。

『花LaLa online』で連載中の『男水!』は、都立東ヶ丘高校の弱小水泳部を描いた青春漫画。ドラマ版は2017年1月から日本テレビほかで放送され、舞台版は2017年5月に上演される。ドラマと舞台のメインキャストは共通となる。

主人公である東ヶ丘高校水泳部の榊秀平役を演じるのは松田凌。同じく水泳部の篠塚大樹役を宮崎秋人、滝結太役を佐藤永典、「オネエ系」のマネージャー・小金井晴美役を赤澤燈、東ヶ丘高校に現れたコーチの川崎亮也役を廣瀬智紀が演じる。さらに龍峰高校の藤川礼央役に安西慎太郎、平光希役に小澤廉、仁科誉役に黒羽麻璃央、神宮一虎役に池岡亮介がキャスティングされている。

脚本は映画『ヒロイン失格』、アニメ『TIGER & BUNNY』などの吉田恵里香が担当。監督はドラマ『マジすか学園1』『デカワンコ』などを手掛けた松永洋一が務める。

なお11月13日に東京・汐留の日テレタワー大階段広場でメインキャストが参加する無料イベント『男水!プロジェクト壮行会』が開催。当日はキャストたちが劇中の衣装とメイクで登場し、ビジュアルを初披露するという。詳細は『男水!』のオフィシャルサイトをチェックしよう。

松田凌のコメント

榊秀平を演じさせて頂きます松田凌です。ドラマ、舞台と自分にとって挑戦であり新たな魅力を引き出す一歩であると思います。僕らが織り成す爽やかでも熱い青春を監督をはじめ最高のスタッフとキャストでお届けします。乞うご期待。よろしくお願いします!

宮崎秋人のコメント

今回篠塚大樹役を演じさせていただきます。何度も共演してる役者や、プライベートから仲良くしてる役者達が多く、このメンバーとドラマで共演できることがとにかく嬉しいです。競泳の話なのでしっかりと綺麗に速く泳げるようになるために日々練習しております。正直、かなり難しいですがこれも見所の1つだと思うので楽しみにして欲しいです。

安西慎太郎のコメント

『男水!』ドラマ&舞台出演に、嬉しくてとてもわくわくしています。僕が演じる藤川礼央はバタフライの選手で、水泳の臨場感やかっこよさを出せるように、現在猛練習中です!
男臭さ、熱さ、美しさと、皆さんをドキドキさせたいです!ドラマからそして舞台と違った楽しみ方もできると思いますので、是非期待してて下さい!!

廣瀬智紀のコメント

川崎亮也役を務めさせて頂きます廣瀬智紀です。原作の持つ水泳の熱さを映像で一生懸命表現できるよう頑張りたいと思います。スポ根系で熱いこのような作品に出演できることはとても嬉しいですし、舞台を中心に仕事をしてきた自分たちだからこそできる作品作りを心がけたいと思います。一緒に盛り上げて応援して頂けたら嬉しいですっ!!

木内たつやのコメント

大変ありがたいことに「男水!」がドラマ、舞台になります。原作はいわゆる「天才達が紡ぐ物語」ではありません。選手一人一人が高校水泳という枠組みの中で水泳や自分の気持ちや誰かと向き合う、そんなテーマを目標に描いています。実写という世界で、「男水!」がどんな物語になるのかそわそわしながら眺めていたいと思います。それにしてもキャスティングすごいなぁ…!!!一生の記念です。

松永洋一監督のコメント

原作の持っている水泳のダイナミックさと彼らの青臭い青春を実写でも真正面から表現して行こうと思っています。本番まで鍛えてあげた身体を水中に浸し、筋肉の躍動(スイミング)と共に熱いエネルギー(芝居)を放出する俳優さんたちを美しく撮ることが、実写「男水」のテーマになります。ご期待ください。

『男水!』ティザービジュアル ©男水!製作委員会
『男水!』ティザービジュアル ©男水!製作委員会
上段左から松田凌、宮崎秋人、安西慎太郎、中段左から赤澤燈、佐藤永典、小澤廉、下段左から黒羽麻璃央、池岡亮介、廣瀬智紀
上段左から松田凌、宮崎秋人、安西慎太郎、中段左から赤澤燈、佐藤永典、小澤廉、下段左から黒羽麻璃央、池岡亮介、廣瀬智紀
『男水!』原作イラスト ©男水!製作委員会
『男水!』原作イラスト ©男水!製作委員会
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』予告編

12月15、16日に座・高円寺2で開催される、Gucchi's Free School主宰の『傑作? 珍作? 大珍作!! コメディ映画文化祭』。上映される7本のうち、なんと4本が日本初上映作品(!)。予告だけでもパンチの強さが伝わってくるが、さらに各日トークショー付きという内容の濃さ。このイベントでひと笑いしてから2018年ラストスパートを迎えよう。(野々村)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと