600人超救った「英のシンドラー」の記録映画、450時間の映像から構築

映画『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』が、11月26日から東京・恵比寿のYEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開される。

同作は「イギリスのシンドラー」とも呼ばれるサー・ニコラス・ジョージ・ウィントンの活動と生涯を紹介する記録映画。ウィントンは1930年代末、ナチスの脅威が迫るチェコスロバキアから、ユダヤ系の子どもをイギリスに輸送する事業「チェコ・キンダートランスポート」を組織した。600人を超える子どもの救出に成功したが、その後活動の事実を自ら公にすることはなかった。

『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』は、50年以上を経た後に当時の子ども達と再会した際の記録映像や、俳優による再現映像など、約450時間におよぶ素材を元に構築されたという。監督・脚本・製作を担当したマテイ・ミナーチュは、これまでにもウィントンを扱う作品を制作し、『国際エミー賞』を受賞している。

作品情報

『ニコラス・ウィントンと669人の子どもたち』

2016年11月26日(土)からYEBISU GARDEN CINEMAほか全国で順次公開
監督・脚本・製作:マテイ・ミナーチュ 出演: ニコラス・ウィントン ヴェラ・ギッシング アリス・マスターズ ベン・アベレス クラーラ・イソヴァー エリ・ヴィーゼル ダライ・ラマ14世 クラーラ・イソヴァー ミハル・スラニー ナレーション:ジョー・シュレシンジャー 配給:エデン+ポニーキャニオン
  • HOME
  • Movie/Drama
  • 600人超救った「英のシンドラー」の記録映画、450時間の映像から構築

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて