『プラダを着た悪魔』監督の新作はNYが舞台、奇妙な舞台俳優が男を救う

映画『素晴らしきかな、人生』が2017年2月25日から全国で公開される。

『プラダを着た悪魔』を手掛けたデヴィッド・フランケル監督の新作となる同作はニューヨークを舞台にした作品。広告代理店で成功を収めたが最愛の人を失ったことで人生を見失っているハワードを主人公に、3人の奇妙な舞台俳優との出会いがハワードの人生に変化をもたらす様を描く。

主人公のハワード役を演じるのはウィル・スミス。ハワードの同僚役をケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャが演じるほか、不可思議な言動をハワードに投げかける年齢や性別の異なる3人の舞台俳優役にキーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン、ジェイコブ・ラティモアがキャスティングされている。

同作では、ナイトレイ、ウィンスレット、ミレンらが纏うプラダ、グッチ、クロエ、トム・フォード、ジル・サンダー、イザベル・マランなどの衣装も見どころとなるほか、ロケはホイットニー美術館などニューヨーク各地で敢行。音楽は『マイ・インターン』『プラダを着た悪魔』のセオドア・シャピロ、プロデュースは『スポットライト 世紀のスクープ』のマイケル・シュガーが手掛けている。

作品情報

『素晴らしきかな、人生』

2017年2月25日(土)から全国公開
音楽:セオドア・シャピロ 出演: ウィル・スミス ケイト・ウィンスレット キーラ・ナイトレイ エドワード・ノートン ヘレン・ミレン 配給:ワーナー・ブラザース映画
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『プラダを着た悪魔』監督の新作はNYが舞台、奇妙な舞台俳優が男を救う

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて