『キングダム』原泰久が『情熱大陸』登場、執筆に打ち込む5か月間に密着

漫画『キングダム』の作者・原泰久の特集が、10月30日にTBS系のドキュメンタリー番組『情熱大陸』で放送される。

2006年から『週刊ヤングジャンプ』で連載されており、2013年に『第17回手塚治虫文化賞』マンガ大賞を受賞した『キングダム』。中国の春秋戦国時代を舞台に、天下一の将軍になることを夢見る秦国の少年・信や、後に始皇帝になる秦国王・政らが織り成す物語を描いた作品だ。

『情熱大陸』では、サラリーマン時代を経て、30歳で漫画家になった原に、5か月間にわたって密着。毎週18ページの連載を続けるため、福岡の仕事場で執筆活動に打ち込む姿に加え、締切の合間に情報収集のため博物館に足を運び、サラリーマン時代の元同僚との飲み会に訪れるという原の生活を追う。

番組情報

『情熱大陸』

2016年10月30日(日)23:00~TBS系で放送 出演:原泰久
  • HOME
  • Book
  • 『キングダム』原泰久が『情熱大陸』登場、執筆に打ち込む5か月間に密着

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて