ニュース

スタン・リー×長濱博史の共同原作アニメ『THE REFLECTION』続報

アニメ『THE REFLECTION』の続報が発表された。

2017年に世界同時配信を予定している『THE REFLECTION』は、コミック原作者のスタン・リーが原作を担当。リーはマーベル・コミックの『アイアンマン』『超人ハルク』『スパイダーマン』『X-MEN』などの原作者として知られ、「アメコミヒーローの父」とも称される。共同原作と監督、キャラクター原案をアニメ『蟲師』『惡の華』などの長濱博史が手掛け、アニメーション制作をスタジオディーンが担当する。

今回の続報では、音楽プロデューサーをトレヴァー・ホーンが務めることが判明。ミュージシャンとしてThe Buggles、Yesに参加した経歴を持つホーンは、これまでにBelle And Sebastian、Pet Shop Boys、Frankie Goes To Hollywoodらのプロデュースを手掛けている。また劇中歌を9nineが担当することも発表された。ホーンは9nineの楽曲プロデュースも手掛けるほか、9nineが本編にアニメキャラクターとして登場する。

『THE REFLECTION』の舞台は、大量の死者と「リフレクテッド」と呼ばれる能力者を生み出した大災害「The Reflection」から3年後の世界。能力を欲望のままに使うリフレクテッドたちと、それに立ち向かう正義のリフレクテッドが戦いを繰り広げるというあらすじだ。

村田寛奈(9nine)のコメント

オファーを受けたときの感想
お話をいただいて聞いたときは、本当に信じられませんでした。スタン・リーさんのアニメに、トレヴァー・ホーンさんの曲を歌わせていただけるなんて、これは夢なのかなって思いました。ですが、長濱監督やこの作品に関わっているスタッフの皆様からも直接お話を聞かせていただき、作品にかける思いや熱意は夢ではなく本物だ、と実感しました。
「THE REFLECTION」と9nineが、どのような形になっていくのか、とてもワクワクしています。

佐武宇綺(9nine)のコメント

日本人で初めて曲をトレヴァー・ホーンにプロデュースしてもらうことになった感想
幼い時から聞き馴染みのある名曲…
フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドさんの「リラックス」や、イエスさんの「ロンリーハート」など…
その生みの親でもあるトレヴァーさんに…
日本人で初めてプロデュースして頂けることが、今でも本当に信じられないくらい夢の様です。涙が溢れましたね…こればかりは…音楽という神様がくれたこのチャンスを絶対に無駄に出来ないと心に誓いました。日本人として誇りを持って、今回頂く楽曲を世界のたくさんの人に届けていける様に精一杯歌います!

西脇彩華(9nine)のコメント

作品に対する思いや意気込み
小さな頃から当たり前のように目に、耳にしてきた大好きな作品達の尊敬するクリエイターの皆さんの情熱が詰まった「THE REFLECTION」に参加させていただけることが、もう本当に本当に嬉しいです!!
自分の特殊能力を「人のため」に使い、人々を救うヒーローアニメ「THE REFLECTION」をお届けするチームの一員として、私達も強くてまっすぐな歌とダンスを通して更にアニメを楽しんでいただけるよう、グループ一丸となって皆さんに届けたいと思います。

長濱博史のコメント

9nineの起用理由について
数年前、ある番組で佐武宇綺さんとご一緒する機会があり、9nineのライブに呼んで頂いたのがきっかけです。初めて目にした彼女達のパフォーマンスに圧倒され、「何か一緒に仕事をしてみたい!」と純粋に思いました。その後、スタン・リーとオリジナルの作品を制作する事になり、その劇中歌を是非とも9nineにとお願いしました。さらに彼女達をモデルとしたキャラクターも登場させ、声優としても参加してもらいたいと思っています。

トレヴァー・ホーンのコメント

9nineの印象について
9nineのような評判の高い日本のパフォーマンスガールズユニットが、私の曲を歌ってくれるのをとても光栄に思っています。

『THE REFLECTION』 ©Stan Lee・Hiroshi Nagahama/THE REFLECTION
『THE REFLECTION』 ©Stan Lee・Hiroshi Nagahama/THE REFLECTION
スタン・リー
スタン・リー
トレヴァー・ホーン
トレヴァー・ホーン
9nine
9nine
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」