黒人&白人混合の反乱軍率いた米の実在人物描く『ニュートン・ナイト』

映画『ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男』が、2017年2月4日から東京・新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開される。

同作は、約150年前にアメリカ・ミシシッピ州ジョーンズ郡で、人種にかかわらず誰もが平等な「自由州」を設立した実在の人物ニュートン・ナイトをモチーフにした作品。貧しい白人の農民たちと逃亡した黒人奴隷500人を率いて反乱軍を結成したニュートンが、100万人の南部軍に立ち向かう様が描かれる。

ニュートン役には『ダラス・バイヤーズクラブ』で『第86回アカデミー賞』主演男優賞を受賞したマシュー・マコノヒー、共演者には映画『砂上の法廷』などに出演のググ・ンバータ=ローがキャスティング。監督は『第76回アカデミー賞』で作品賞をはじめ7部門にノミネートされた映画『シービスケット』のゲイリー・ロスが務めた。ロスは約10年間のリサーチを経て、『ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男』を制作したという。

作品情報

『ニュートン・ナイト/自由の旗をかかげた男』

2017年2月4日(土)から新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開
監督・脚本:ゲイリー・ロス 出演: マシュー・マコノヒー ググ・ンバータ=ロー マハーシャラ・アリ ケリー・ラッセル ほか 配給:キノフィルムズ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 黒人&白人混合の反乱軍率いた米の実在人物描く『ニュートン・ナイト』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて