シド&ナンシーの最期を探る記録映画、「遺灰吸った」と語る予告公開

映画『SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー』の予告編が公開された。

同作は、1979年に死去したシド・ヴィシャス(Sex Pistols)と、前年に遺体で発見された恋人のナンシー・スパンゲンを題材にしたドキュメンタリー作品。死の直前まで2人と親交を持っていた友人らの証言や、写真などの資料を通して、当時の様子を探る内容となる。

予告編ではシドとナンシーのツーショット写真が多数使用されているほか、Sex Pistolsのローディーを務めていたスティーヴ・コノリーが、当時のシドを「愛嬌もユーモアのあるやつで、賢い悪ガキって感じだった」と評する様子、ハウイー・ピロ(D Generation)が鼻に手を当てて「結局シドの遺灰を吸ったのは俺だけだった」と語る姿などが確認できる。

本編中にはマルコム・マクラーレンをはじめ、シルヴェイン・シルヴェイン(New York Dolls)、リー・ブラック・チルダース、ボブ・グルーエンらが出演。監督は『Looking for Johnny ジョニー・サンダースの軌跡』を手掛けたダニー・ガルシアが務めている。なお同作は12月17日から東京・新宿K's cinema、渋谷のユーロスペースで公開される。

 

作品情報

『SAD VACATION ラストデイズ・オブ・シド&ナンシー』

2016年12月17日(土)からK's cinema、ユーロスペースほかで公開
監督:ダニー・ガルシア 出演: シド・ヴィシャス(Sex Pistols) ナンシー・スパンゲン シルヴェイン・シルヴェイン(New York Dolls) リー・ブラック・チルダース ボブ・グルーエン マルコム・マクラーレン ほか 配給:キュリオスコープ
  • HOME
  • Movie,Drama
  • シド&ナンシーの最期を探る記録映画、「遺灰吸った」と語る予告公開

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて