川端康成原作のベルギー発オペラ『眠れる美女』、日本初演に長塚京三ら

オペラ『眠れる美女~House of the Sleeping Beauties~』が、12月10日と11日に東京・上野の東京文化会館 大ホールで上演される。

川端康成の小説『眠れる美女』をもとにした同作は、ベルギーの制作プロダクションLODとToneelhuis、ベルギー王立モネ劇場によって共同制作され、2009年に同劇場で初演された作品。全5章の原作をオペラ化にあたって再構成し、1幕3場で上演される。

日本初演となる今回の公演には、世界初演に参加した指揮者のパトリック・ダヴァン、老人役のバリトン歌手オマール・エイブライム、眠れる美女役のダンサー伊藤郁女が出演。さらに俳優が受け持つ役である老人役と館の女主人役にそれぞれ長塚京三と原田美枝子がキャスティングされているほか、ソプラノ歌手カトリン・バルツ、コーラスを務める原千裕、林よう子、吉村恵、塩崎めぐみも出演者に名を連ねている。

作曲はクリス・デフォート、演出はギー・カシアス、振付はシディ・ラルビ・シェルカウイが担当。チケットは現在販売中だ。なお同公演は、東京文化会館開館55周年および日本ベルギー友好150周年を記念する公演となっている。

イベント情報

『眠れる美女~House of the Sleeping Beauties~』

2016年12月10日(土)、12月11日(日)全2公演 会場:東京都 上野 東京文化会館 大ホール
原作:川端康成 演出:ギー・カシアス 台本:ギー・カシアス、クリス・デフォート、マリアンヌ・フォン・ケルホーフェン 振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ 作曲:クリス・デフォート 指揮:パトリック・ダヴァン 出演: オマール・エイブライム カトリン・バルツ 長塚京三 原田美枝子 伊藤郁女 原千裕 林よう子 吉村恵 塩崎めぐみ 東京藝大シンフォニエッタ 料金: 一般 S席13,000円 A席10,000円 B席8,000円 C席5,000円 D席3,000円 友の会会員 S席10,400円 A席8,000円 B席6,400円 C席4,000円 65歳以上 S席11,700円 A席9,000円 B席7,200円 C席4,500円 ハンディキャップ S席9,800円 A席7,500円 B席6,000円 C席3,800円 25歳以下 S席9,100円 A席7,000円 B席5,600円 C席3,500円
  • HOME
  • Stage
  • 川端康成原作のベルギー発オペラ『眠れる美女』、日本初演に長塚京三ら

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて