吉高由里子が葛藤する殺人者役、5年ぶりの主演映画『ユリゴコロ』

映画『ユリゴコロ』が2017年9月に全国公開される。

同作は『大藪春彦賞』を受賞し、『本屋大賞』にもノミネートされた沼田まほかるの同名小説をもとにした作品。余命わずかな父の書斎で見つかった、事実か創作かわからない殺人者の手記をきっかけに、宿命に翻弄される女性の人生と愛を描いた作品だ。

「人間の死」を心の拠り所にし、殺人から逃れることができずに葛藤する女性・美紗子役を演じるのは、吉高由里子。映画『僕等がいた 前篇・後篇』以来、約5年ぶりに映画で主演を務める吉高は、「私が演じた美紗子は、なかなか共感しづらい部分もある難しい役でしたが、久しぶりの映像作品で貴重な経験をさせて頂きました」とコメントしている。メガホンを取ったのは『君に届け』『近キョリ恋愛』の熊澤尚人。完成は2017年夏頃を予定している。

吉高由里子のコメント

初めて殺人者を演じます。
私が演じた美紗子は、なかなか共感しづらい部分もある難しい役でしたが、久しぶりの映像作品で貴重な経験をさせて頂きました。
まだ完成した映画を見ていないので、どんな作品になっているか楽しみです。

熊澤尚人監督のコメント

今回の主人公は、本当に大変難しい役どころではありますが、吉高さんの繊細かつ大胆な演技力のおかげで、今までにない、美しくも悲しい殺人者を表現できたと確信しております。是非ご期待下さい!

作品情報

『ユリゴコロ』

2017年9月に全国公開
監督・脚本:熊澤尚人 原作:沼田まほかる『ユリゴコロ』(双葉文庫) 出演: 吉高由里子 ほか 配給:東映/日活
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 吉高由里子が葛藤する殺人者役、5年ぶりの主演映画『ユリゴコロ』

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて