ニュース

吉高由里子が葛藤する殺人者役、5年ぶりの主演映画『ユリゴコロ』

『ユリゴコロ』で主演を務める吉高由里子 ©沼田まほかる/双葉社 ©2017「ユリゴコロ」製作委員
『ユリゴコロ』で主演を務める吉高由里子 ©沼田まほかる/双葉社 ©2017「ユリゴコロ」製作委員

映画『ユリゴコロ』が2017年9月に全国公開される。

同作は『大藪春彦賞』を受賞し、『本屋大賞』にもノミネートされた沼田まほかるの同名小説をもとにした作品。余命わずかな父の書斎で見つかった、事実か創作かわからない殺人者の手記をきっかけに、宿命に翻弄される女性の人生と愛を描いた作品だ。

「人間の死」を心の拠り所にし、殺人から逃れることができずに葛藤する女性・美紗子役を演じるのは、吉高由里子。映画『僕等がいた 前篇・後篇』以来、約5年ぶりに映画で主演を務める吉高は、「私が演じた美紗子は、なかなか共感しづらい部分もある難しい役でしたが、久しぶりの映像作品で貴重な経験をさせて頂きました」とコメントしている。メガホンを取ったのは『君に届け』『近キョリ恋愛』の熊澤尚人。完成は2017年夏頃を予定している。

吉高由里子のコメント

初めて殺人者を演じます。
私が演じた美紗子は、なかなか共感しづらい部分もある難しい役でしたが、久しぶりの映像作品で貴重な経験をさせて頂きました。
まだ完成した映画を見ていないので、どんな作品になっているか楽しみです。

熊澤尚人監督のコメント

今回の主人公は、本当に大変難しい役どころではありますが、吉高さんの繊細かつ大胆な演技力のおかげで、今までにない、美しくも悲しい殺人者を表現できたと確信しております。是非ご期待下さい!

沼田まほかる『ユリゴコロ』表紙 ©沼田まほかる/双葉社
沼田まほかる『ユリゴコロ』表紙 ©沼田まほかる/双葉社
熊澤尚人監督
熊澤尚人監督
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌 1

    米津玄師“感電”が7月6日配信リリース 綾野剛×星野源『MIU404』主題歌

  2. 「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売 2

    「実際にあったクソリプ」をカードゲーム化した『クソリプかるた』発売

  3. 堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM 3

    堺雅人と鈴木福がのび太役で登場 「ソフトバンクのドラえもん」実写化CM

  4. 蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」 4

    蓮沼執太とRYUTist運営が語る、コロナ以降の「アイドルと楽曲」

  5. 菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定 5

    菅田将暉×小松菜奈 瀬々敬久監督映画『糸』の新たな公開日が決定

  6. シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で 6

    シャムキャッツが10年で作り上げた景色。気まぐれな旅路の途中で

  7. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 7

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される

  8. サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動 8

    サブスク型映像クリエイター養成コミュニティ「AOI Film Craft Lab.」始動

  9. 新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示 9

    新垣結衣の初写真展を渋谷PARCO&オンラインで開催 未公開カットも展示

  10. 柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる 10

    柴田聡子の言葉の正体。油断せず、心して向き合った先で生まれる