ニュース

mojocoがオリジナルメンバーで活動再開、地元・高知と原宿で復活ライブ

mojoco
mojoco

mojocoが活動を再開することがわかった。

2006年に高知で結成されたmojoco。2009年に1stフルアルバム『だからゆくのさ』をリリースした後、2010年から活動休止期間に入っていた。園部信教(Vo,Gt)はソロ活動に専念し、昨年に初のソロアルバム『生活』を発表した。

活動再開にあたって、初期に脱退したpaul(Dr)が復帰。園部と松井有司(Ba)を含むオリジナルメンバーの3人編成で高知を拠点に活動していくという。

また12月11日に高知のアジア食堂 歩屋、12月18日に東京・原宿のVACANTでライブを開催。両公演ともチケットは販売中だ。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

edda“不老不死”

<私というバケモノが 生まれ落ち>というフレーズで始まる、不老不死の主人公の悲しみや無力感から死を願う楽曲のPV。歌うのは、その歌声に儚さと透明感を同居させるedda。ファンタジックながらもどこか暗い影を落とす楽曲世界と、ドールファッションモデルの橋本ルルを起用した不思議な温度感のある映像がマッチしている。(山元)