mojocoがオリジナルメンバーで活動再開、地元・高知と原宿で復活ライブ

mojocoが活動を再開することがわかった。

2006年に高知で結成されたmojoco。2009年に1stフルアルバム『だからゆくのさ』をリリースした後、2010年から活動休止期間に入っていた。園部信教(Vo,Gt)はソロ活動に専念し、昨年に初のソロアルバム『生活』を発表した。

活動再開にあたって、初期に脱退したpaul(Dr)が復帰。園部と松井有司(Ba)を含むオリジナルメンバーの3人編成で高知を拠点に活動していくという。

また12月11日に高知のアジア食堂 歩屋、12月18日に東京・原宿のVACANTでライブを開催。両公演ともチケットは販売中だ。

イベント情報

アジア食堂 歩屋12周年記念ライブ
『mojoco』

2016年12月11日(日) 会場:高知県 アジア食堂 歩屋
料金:前売3,000円 当日3,500円
作品情報

SAIKORO Year End Live in Tokyo
『mojoco』

2016年12月18日(日) 会場:東京都 原宿 VACANT
料金:前売3,000円 高校生以下2,000円(共にドリンク別)
  • HOME
  • Music
  • mojocoがオリジナルメンバーで活動再開、地元・高知と原宿で復活ライブ

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて