ニュース

Perfumeがドラマ『東京タラレバ娘』主題歌、新曲“TOKYO GIRL”

Perfume
Perfume

Perfumeのニューシングル『TOKYO GIRL』が2月にリリースされる。

同作のタイトル曲は、1月18日から日本テレビ系で放送される吉高由里子主演の連続ドラマ『東京タラレバ娘』の主題歌として書き下ろされた楽曲。カップリングには、Perfumeが出演している「Ora2×Perfume くちもとBeauty Project」のCMソング“宝石の雨”が収録される。

あ~ちゃん(Perfume)は“TOKYO GIRL”について「Aメロとサビの緩急がすごいです。そこに倫子さんがタラレバ言ってる酒場の絵が浮かびました。笑」とコメント。かしゆか(Perfume)は「もともと、東村アキコさんの作品が好きで、さらにタラレバも大好きで読んでいたので、実写化することにも驚き、さらに自分が主題歌になることに驚き!とビックリしていますがとても嬉しいです!!」、のっち(Perfume)は「ドラマを観てケッラケラ笑い、グッサグサ刺された後は『TOKYO GIRL』で踊ってください(笑)ヤケ踊りです!」とのコメントを寄せている。

あ~ちゃん(Perfume)のコメント

この度、東京タラレバ娘の主題歌を担当させていただくことになりました!!同い年の出演陣で演じられるこのドラマ、内容が内容だけに、もう自分たちもそんな歳になったんだなーと驚いています。こわいこわい 笑
でも、その分どんな風に倫子さんをゆりちゃんが演じてくれるのか…とっても楽しみです!楽曲もドラマのために書き下ろしてもらいました。Aメロとサビの緩急がすごいです。そこに倫子さんがタラレバ言ってる酒場の絵が浮かびました。笑 気持ちが上がったり下がったりする主人公の気持ちと重なって、ドラマが進んでいけばいくほど、聴こえ方が変化しそうな楽曲だなぁと思いました。

かしゆか(Perfume)のコメント

今回、東京タラレバ娘の主題歌をさせていただくことになりました!!
もともと、東村アキコさんの作品が好きで、さらにタラレバも大好きで読んでいたので、実写化することにも驚き、さらに自分が主題歌になることに驚き!とビックリしていますがとても嬉しいです!!
世の中の悩み戦う女子…というか女性(笑)の心の中が覗けるようなお話が大好きで、共感できるところもたくさんあるので、そんな世界を少しでも支えられるような曲になったらいいなと思っています。
放送が待ち遠しいーーー!!

のっち(Perfume)のコメント

ずっと怖かったんです。タラレバ読むの。
絵は可愛いし、3人組だし、主人公である倫子の髪型にはシンパシー感じるしで、ずっと気になってはいたのですが。読んだ時の自分と向き合う怖さ!!!
読めばストーリーに引き込まれる一方、自分と物語を行ったり来たり…これ新しい体験…あぁ東村先生、、なんて作品を…( ; ; )
ともあれ。そんな作品のドラマ主題歌を担当させて頂くことになりました!
ドラマを観てケッラケラ笑い、グッサグサ刺された後は「TOKYO GIRL」で踊ってください(笑)ヤケ踊りです!
大好きな同い年仲間、吉高由里子さんということもあり、とても嬉しく思っております。
オンエア毎週楽しみにしています~。

吉高由里子のコメント

『何気なく見てる風景になにかもの足りない特別な未来を指差して求めてる』という歌詞が、上京してきた人そうでない人も、夢を叶える人追いかけてる人も、仕事が順調な人スランプな人も、目まぐるしく情報が交差していく東京の風景にぴったりだなと思いました。
今よりもっと仕事の結果や恋愛の幸せを求めて奮闘するこのドラマに背中を押してくれるような歌で毎週ストーリーと一緒にこの曲が流れるのがすごく楽しみです。

『東京タラレバ娘』 ©NTV
『東京タラレバ娘』 ©NTV
『東京タラレバ娘』 ©NTV
『東京タラレバ娘』 ©NTV
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側