人生変える「危険な読書」を特集する『BRUTUS』に筒井康隆、町田康ら

特集記事「危険な読書」が、本日12月15日発売の『BRUTUS No.837』に掲載されている。

価値観の変化を促す読書体験をテーマに据えた同特集。荒俣宏や滝本誠、吉増剛造、菊地成孔、豊崎由美、柳下毅一郎、中原昌也、佐々木敦、坂口恭平、高木壮太らが「危険な読書」について語っており、目次には「10代で読んでおきたい異常本。」「自分の中の“怪物”に出会う。」「世界の奇書・珍本。」といった見出しが並んでいる。危険な作家として取り上げられているのは、蓮實重彦、井田真木子、手嶋龍一、上野瞭、藤木TDC、木下古栗。

また「日本で最も危険な作家」として筒井康隆にも注目。筒井のインタビューや著作の紹介、町田康が筒井について綴った「筒井康隆と私」などが掲載されている。さらに雑誌内には小冊子「私の価値観を180度変えた一冊。」が付属する。

書籍情報
  • HOME
  • Book
  • 人生変える「危険な読書」を特集する『BRUTUS』に筒井康隆、町田康ら

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて