奥浩哉『いぬやしき』がテレビアニメ化、2018年に実写映画版も

奥浩哉の漫画『いぬやしき』がアニメ化され、10月からフジテレビの深夜枠「ノイタミナ」で放送される。

2014年から『イブニング』で連載されている『いぬやしき』は、奥が『GANTZ』完結後にスタートさせた作品。がんの宣告を受けたサラリーマン・犬屋敷壱郎と、高校生・獅子神皓を主人公に、ある日突然に強大な力を手に入れた人間の姿を描く。

アニメ版の制作は、昨日12月15日に開催された『ノイタミナプロジェクト発表会2017』で発表。総監督は『TIGER & BUNNY』シリーズや映画『GANTZ:O』などで知られるさとうけいいちが務めるほか、監督は『甲鉄城のカバネリ』『進撃の巨人』でCGディレクションを手掛けた籔田修平、アニメーション制作は『この世界の片隅に』『ユーリ!!! on ICE』などのMAPPAが担当する。

なお『いぬやしき』は実写映画化も決定。2018年に公開される予定だ。

奥浩哉のコメント

アニメ「いぬやしき」は凄く優秀なスタッフさんに恵まれているので僕自身ワクワクしています!
来年一番の関心事です!

番組情報

『いぬやしき』

2017年10月からフジテレビほかで放送
総監督:さとうけいいち 監督:籔田修平 原作:奥浩哉『いぬやしき』(講談社) アニメーション制作:MAPPA
  • HOME
  • Movie,Drama
  • 奥浩哉『いぬやしき』がテレビアニメ化、2018年に実写映画版も

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて