ニュース

『芥川賞』『直木賞』候補決定、森見登美彦、冲方丁、岸政彦、宮内悠介ら

『第156回芥川龍之介賞』および『第156回直木三十五賞』の候補作品が発表された。

『芥川賞』候補は、加藤秀行『キャピタル』、岸政彦『ビニール傘』、古川真人『縫わんばならん』、宮内悠介『カブールの園』、山下澄人『しんせかい』の5作品。山下は4度目の候補選出となる。初選出となった岸は社会学者として知られ、著書『断片的なものの社会学』や雨宮まみとの共著『愛と欲望の雑談』などを発表している。同じく初選出となった宮内はSF小説でデビューし、これまでに『直木三十五賞』『山本周五郎賞』の候補にもなっている。

『直木賞』候補には、冲方丁『十二人の死にたい子どもたち』、恩田陸『蜜蜂と遠雷』、垣根涼介『室町無頼』、須賀しのぶ『また、桜の国で』、森見登美彦『夜行』の5作品が選出された。恩田は6度目のノミネート。森見は先日アニメ映画化が発表された『夜は短し歩けよ乙女』をはじめ、アニメ化された『四畳半神話大系』『有頂天家族』などで知られる。

選考会は1月19日17:00から東京・築地の新喜楽で開催される。

森見登美彦『夜行』表紙
森見登美彦『夜行』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“Four O'clock Flower”

ただシャムキャッツの四人がフラットに存在して、音楽を鳴らしている。過剰な演出を排し、平熱の映像で、淡々とバンドの姿を切り取ったPVにとにかく痺れる。撮影は写真家の伊丹豪。友情や愛情のような「時が経っても色褪せない想い」を歌ったこの曲に、この映像というのはなんともニクい。(山元)